シュツットガルトが40年ぶり2度目のブンデスリーガ2部優勝! 逃げ切ったハノーファーも1年での1部復帰を決める!《ブンデスリーガ2部》

写真拡大

▽ブンデスリーガ2部最終節が21日にドイツ各地で行われた。

▽日本代表FW浅野拓磨が所属する首位シュツットガルト(勝ち点66)は、ホームでヴュルツブルガーと対戦、4-1で勝利した。この結果、シュツットガルトが40年ぶり2度目のブンデスリーガ2部優勝を果たした。

▽シュツットガルトは32分にツィマーマンのゴールで先制すると、59分にもテロッデのゴールで追加点。78分にヴュルツブルガーに1点を返されるも、直後の80分にテロッデがこの試合2点目を挙げ、再び突き放す。

▽さらに試合終了間際の89分にも、ギンチェクが試合を決定付ける4点目を奪い、そのまま試合終了。ホーム最終戦で快勝を飾ったシュツットガルトが、1976-77シーズン以来40年ぶり2度目のリーグ優勝を決めた。

▽また、1年での1部復帰を目指す2位ハノーファー(勝ち点66)は、アウェイでザントハウゼンと対戦し、1-1の引き分けで終了。同時刻開催の3位ブラウンシュバイク(勝ち点63)が、ホームでカールスルーエに2-1で勝利。この結果、逃げ切りに成功したハノーファーが自動昇格。3位ブラウンシュバイクが、ヴォルフスブルクとの残留・昇格プレーオフに回ることとなった。

◆ブンデスリーガ2部最終節

シュツットガルト 4-1 ヴュルツブルガー

※浅野はベンチ入りも出場せず

ザントハウゼン 1-1 ハノーファー

ブラウンシュバイク 2-1 カールスルーエ

※山田は85分からプレー

ボーフム 1-3 ザンクト・パウリ

※宮市は69分までプレー

カイザースラウテルン 1-0 ニュルンベルク

グロイター・フュルト 1-2 ウニオン・ベルリン

ディナモ・ドレスデン 1-1 ビーレフェルト

ハイデンハイム 2-1 1860ミュンヘン

デュッセルドルフ 1-0 エルツゲビルゲ・アウエ