田中マルクス闘莉王(写真:Getty Images)
21日、テレビ東京「SPORTSウォッチャー」では、今季より京都サンガFCの所属となった田中マルクス闘莉王がゲスト出演。「闘莉王選手 生出演!日本代表にほえまくる!」と題し、現在の日本代表について、理想の監督や招集すべき選手を挙げた。

移籍後は、11試合中6試合にFWとして出場している闘莉王。「もともとDFなので、(相手DFの)どういうところが嫌かっていうのを随分わかってますのでFWとして使っている」と説明すると、J2で今季7ゴールを挙げている理由を「1回(のチャンス)に懸ける想い、集中力はとてつもなく高い」と話した。

また日本代表の話題になると、闘莉王はハリルホジッチ監督に「ちょっと理解できない部分がある。海外か国内か関係なく結果出している選手を呼んでほしい。日本人の良さを引き出せるのは、日本人の心、文化をわからないといけないので、そういうところがちょっと欠けてる」と苦言を呈す。その上で理想の代表監督を訊かれると、浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督を挙げ「長年(日本で)やってますし、戦術的なところも素晴らしい」とコメントした。

さらに「誰を代表に呼ぶか?」という質問に、遠藤保仁と大久保嘉人の名前を挙げた闘莉王。遠藤については「いまだに結果出し続けてますし、ヤットさんの代わりは出てきていない」と、大久保には「正直なんで呼ばれないのかわからない。ずっと結果出してますし、一番危険な男」と語った他、「歳に関係なく結果出してるヤツを呼んだ方がいい。それが代表だと思います」と続けた。