元引きこもり女子は笑顔をとり戻せるのか (C)クエールフィルム

写真拡大

 門脇麦が元引きこもりのオタク女子を演じる「世界は今日から君のもの」の場面写真が、このほど一挙に公開された。新しい出会いや社会との触れ合いを通じて成長していく主人公・小沼真実(門脇)と、彼女が新たな一歩を踏み出すきっかけとなるキーパーソンたちをとらえている。

 「梅ちゃん先生」「結婚できない男」など多数のヒットドラマを手がけた人気脚本家・尾崎将也がメガホンをとるオリジナル作品。高校時代から5年間引きこもり、好きな漫画・イラストの模写などに没頭して過ごしてきた真実は、父・英輔(マキタスポーツ)の勧めでゲーム会社でバグ出しをする仕事をスタート。やがて、自分の絵の才能を認めてくれた社員の矢部遼太郎(三浦貴大)にほのかな恋心を抱いた真美は、人生に希望を見出していく。

 公開された場面写真に写る真実は、どの光景でも笑顔がなく、強張った表情を浮かべている。引っ込み思案な性格で自分の世界に閉じこもってきた彼女がほほ笑みを取り戻すのは、なかなか困難な様子。そんな真美との距離感が上手くはかれない父・英輔、そして過保護ゆえに娘の個性を認めない母親の美佳(YOU)との複雑な家族関係が切りとられている。

 そのほか、真美と矢部の恋の進展を予感させる場面に加え、矢部の元恋人であるスタイリスト・安藤恵利香(比留川游)の登場シーンもお披露目。真美とは正反対の性格ながらも、次第に彼女と仲を深めていくキャラクターだ。恋愛と友情という2つの要素が、真実にどのような変化と成長をもたらすのが気になるカットになっている。

 「世界は今日から君のもの」は、7月15日から東京・渋谷シネパレスほか全国順次公開。