稲森佑貴はイーブンパーで8位タイ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<関西オープン 最終日◇21日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>
難関18番パー4をボギーとして、最終日2アンダー(4バーディ2ボギー)で回って4日間通算イーブンとした稲森佑貴。谷口徹、時松隆光と並んで8位タイに入った。
美人過ぎるキャディも今平の優勝にVサイン!
「18番は2打目をフェアウェイからピン筋に打てていけたんですけど、全然ボールが止まらずにグリーン奥。でも、あそこで一番手下げて打つとグリーンに届かないんですよねぇ。で、(18番グリーンサイド脇の)スコアボードも見ると、みんな伸ばせずにアンダーパーも少ない。よし、1アンダーキープだ、と思ったらファーストパットにちょっとパンチが入ってしまって…」。ピンをオーバーし、返しのパットも決められなかった。
しかし、初日“74”(3オーバー)スタートも2日目“71”、3日目“70”ときて、この日は“69”と確実にスコアを縮めた。「そうなんです。途中はグリーンが硬くて錯乱状態に陥りましたけど、やっとコースに慣れてきたって感じです。もう終わりですけど(笑)。でも、ボクにすれば日本オープンよりも難しいと感じたこのセッティングで、(スコアを)落として終わるんじゃなくて、伸ばして終えられたので、これを自信にして、次に生かしたいですね」。
しっかりとした成果も得られた。最近不調だったパッティングに復調の手ごたえを感じられた。今日の“69”も嫌らしい距離を沈めた凌いだものだ。
「硬くてカチカチのグリーンだけど、仕上がりがものすごくよくてボールの転がりがよくて、そのうちイイ感じで転がせるようになりました」。2015、16年とフェアウェイキープ率1位。16年にマークした71.66%は同部門歴代1位の数字である。そこに、難コースと互角に渡り合えた自信とパッティングの強さが加われば鬼に金棒だ。
「はい、ここをステップに、ボクも(今大会ツアー初優勝を飾った)今平(周吾)さんに負けないように初優勝を目指します」。年齢的には今平の2学年下。伝統のある大会が若きフェアウェイキープ王を、今、大きく羽ばたかせようとしている。
文/伊藤昇市
<ゴルフ情報ALBA.Net>

今平周吾、池田勇太以来の初優勝完全V!勝利の女神との再タッグは??
「周吾が素晴らしいプレー」片岡大育は納得の2位で全米予選へ
今平のみ予想を超えた結末 コース所属の山本義隆も「お見事」
女子ツアーは上田桃子が歓喜の3年ぶり優勝
アン・シネがお気に入りのあのグリップ