一晩で使った最高金額は150万!? ホスト通いの女性に聞いた「ホスト狂い」体験談

写真拡大

女性にとって数少ない癒しの場であるホストクラブ。
女心を知り尽くしたホストたちが親身に話を聞いてくれるわ楽しませてくれるわで、女性からすればまさに至れり尽くせり。

その一方で、ホストにどっぷり入れ込んで借金まみれになる……という暗い話も多いですよね。
最近ではセクシー女優に転向した坂口杏里さんのホスト狂いも話題になりました。
ホストにハマる女性たちはどんなキッカケでハマり、どのくらいお金を使うのでしょうか?

今回はホストにハマっていた経験のある女性から聞いた「ホスト狂い」だった時代のエピソードをご紹介します。

●(1)今となってはいい思い出

『結婚する前にガールズバーで働いていた時に、友達の付き合いでホストに行くことになったんです。初めて行くときはまさにドキドキワクワクといった感じ!
いざ行ってみると思ってた以上に楽しくて、幹部補佐の人と意気投合してしまい、週に1回〜2回通うようになりました。
幹部補佐の人が好きすぎて、彼のバースデーの時には80万ほど使いました!でも後悔はしてません。

楽しくお酒を飲んでアフターしたり休日に出かけたり、楽しい時間を過ごしたのでいい思い出ですね。
ただハマりすぎると、莫大なお金がかかるんですよねー。

彼を繋ぎ止めるにはお金を稼ぐしかないんですが、それも限界まで来てしまったので潔く身を引きました』(26歳/主婦)

●(2)一生分チヤホヤされて病みつきに!

『初めて行ったときにお金を使ったら、一晩で今までの人生の一生分くらいチヤホヤされて心地良くなって以来病みつきになりました。
行く度にどんどん楽しくなり、楽しさに応じて使う金額もどんどん増えていっちゃったんですよね。

だいたい週1のペースで行っていて、平日行けば毎回20万〜30万ぐらい使ってたし、イベントの時は50万くらい使ってて担当のバースデーイベントや社長のバースデーとかになると大体100万ぐらい 使ってました。

あ、でも私なんてこれでも少ない方で多い人はもっと使ってますよ!
担当を取られたくないので、金額で張り合っちゃうんですよね(笑)』(26歳/サービス)



●(3)ホストに行くためだけに生きていた

『最初はイメージ最悪でしたが、イケメン過ぎる人ばかりではなくあまり緊張もしなかったので話しているだけでも楽しかったです。彼らは女を惹きつけるようなテクニックをよく知っているんですよね、私はまんまとハマって一晩で25万ほど使ってしまいました。

私もそこまで稼ぎが良いわけではなかったので、このくらいが限界でした。
ホストにハマってから、美意識が高くなり自分を磨くようになって服やコスメを買い漁るようになってさらにお金がなくなっていきました。
あの時はホストに行くためだけに生きてましたね』(28歳/パート)

●(4)一晩で120万から150万!日常生活が物足りなくなる

『一晩で120〜150万くらいは散財してましたね。
お金を使うこと自体が快感だし、お金を使えば使うほどみんながチヤホヤしてくれるから幸せでした。

その分、日常生活で物足りなくなるのか彼氏ができてもホストとつい比較してしまったり、日常でも自分はいい女なんだ、チヤホヤしてもらえると痛い勘違いをしてました(笑)』(34歳/サービス)

●(5)お得意様がホストだった

『昔、キャバクラで働いていた時代のお得意様がホストでした。
そのうちに何度も指名してくれたから、行かなきゃ申し訳ないなぁと思いはじめて行ったら楽しかったんです!
仕事モードの彼はキャバクラのノリとは違って、ものすごくパリピな雰囲気でした。

でも、めっちゃお嬢様扱いをしてくれてチヤホヤしてくれたので一気にハマりましたねー。
キャバクラで飲むお酒とホストで飲むお酒って美味しさが全然違うんですよ!
自分の身の回りでホスト狂いで人生を棒に振る女性をたくさん見てきているので、あんまりお金は使わなかったです。

お得意様の誕生日に2万円使ったのが最高で、後は何千円のレベル。
それでお店のストレスが発散できるなら安い と思っていました。
自分がキャバクラを卒業したと同時にホストも行かなくなりました。

若かった頃の思い出です。』(34歳/主婦)

●ホストに行ったことはありますか?

ある……32人(21.3%)
ない……118人(78.7%)

ホストに行ったことのある女性は2割ほど!
社会勉強の為に1回だけ行ったという人もいるので、ハマる人はごく少数と言えそうです。

----------

いかがでしたか?
一晩に使うお金は人それぞれでしたが、皆さんそれぞれいい思い出だと言っているのが印象的でした。

ホストクラブはお酒と同じで、付き合い方が大切。
ほどほど程度なら日常での疲れやストレスを癒してくれる素敵な場所と言えるのではないでしょうか。

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:150人
※集計期間:2017年5月16日〜2017年5月19日

(文/恋愛jp編集部)