米大統領選にロシアが関与した疑惑、さらにはトランプ米政権とロシアの不適切な関係を含めた「ロシアゲート」は、トランプ大統領の司法妨害にまで発展する可能性が出てきました。電撃解任されたコミー元連邦捜査局(FBI)長官が、トランプ大統領からフリン元大統領補佐官とロシアの関係に関する捜査を終了するよう要求された、とのメモを公表したからです。

「司法妨害」は、1998年に当時のクリントン大統領が、研修生との「不適切な」関係に関連して弾劾裁判で問われた罪の一つです。もう一つは「偽証」でした。議会からはトランプ大統領を弾劾すべきだとの声も出ており、事態の進展が注目されるところです。

回避されたシャットダウンの危機

 ところで、5月5日、米議会を通過した2017年度包括予算案にトランプ大統領が署名したことで、政府のシャットダウン(政府機関の一部閉鎖)は回避されました。もっとも、今秋には再び危機がやって来る可能性があります。2018年度が始まる今年10月1日までに予算(短期間の継続予算を含む)が成立しなければ、政府はシャットダウンを余儀なくされるからです。

 5月23日には、トランプ政権が2018年度予算案の詳細を発表します。注目されるのは、(1)財政赤字がどの程度想定されているか(2)減税の詳細とその財源がどうなっているか(高い経済成長を前提とした自然増収によってまかなわれるという「バラ色のシナリオ」になっていないか)(3)国防費以外の支出をどのように切り詰めるか――などといった点でしょう。

 上述の2017年度包括予算では、議会通過のためにトランプ政権は少数派の民主党の要求を大幅に受け入れざるを得ませんでした。これに不満を持ったトランプ大統領は「(予算制度を是正するためには)良いシャットダウンが必要だ」とSNSでつぶやきました。これから秋にかけて本格化する2018年度予算の交渉において、民主党と対決する気が満々といったところでしょうか。

もう一つの危機「デフォルト」

 そして、秋になると、もう一つの財政危機が浮上する可能性があります。それは米政府のデフォルト(債務不履行)です。現在、米政府の債務残高はデットシーリング(法定上限)にほぼ到達しています。現在の米国のように財政収支が赤字である以上、債務残高は増加します。

 そこで、財務省は裏ワザを使って、デットシーリングの対象となる債務が増えないように「やり繰り」しています。ただし、それも秋には限界がくるということらしいのです。そうなれば、国債の利払い(=新たに発生する債務)が滞るという事態も想定されます。いわゆるデフォルトです。これを回避するためには、議会がデットシーリングを引き上げるか、無効化する必要があります。過去に、デットシーリングは予算交渉における「バーゲニングチップ(交渉材料)」とされてきました。

 トランプ大統領の姿勢も気になるところです。昨年5月、共和党の指名を確実にしたトランプ候補は、インタビューで「景気が悪化すれば、債務の再交渉もありうる」と語りました。債務の再交渉とは、利払いの猶予や元本の割り引きを指すとみられますが、債券発行時の条件を後に変更することは、広い意味で「デフォルト」と認定される可能性があります。

 このインタビューが物議を醸したことで、トランプ候補は数日後に発言を訂正しました。現在のスタンスは不明ですが、ビジネス感覚が抜けていないとすれば、交渉の過程でアクシデント的にデフォルトが起きる可能性もあるのではないでしょうか。

米国債は世界のベンチマーク

 政府のシャットダウンは、長期化すれば米経済に悪影響が出るでしょうが、短期間であれば、一般市民が一時的に不便を強いられるだけで済むでしょう。しかし、デフォルトはいったん起きれば、世界の金融市場に激震が走ることになるでしょう。米国債が世界の債券のベンチマーク(指標)になっているからです。

 これまで説明してきたように、シャットダウンは予算未成立の結果として発生します。一方で、デフォルトはデットシーリングへの対応を誤った結果として発生します。両者は全くの別物ですが、いずれも今秋に重要なタイミングを迎えます。「ロシアゲート」の行方とともに、政府と議会の予算交渉からも目が離せません。

(株式会社マネースクウェア・ジャパン チーフエコノミスト 西田明弘)