Doctors Me(ドクターズミー)- 気になる歯の汚れ・くすみ…ステインの付着を防ぐためには?

写真拡大

白く美しい歯は、多くの人の憧れです。
でも、タバコを吸う人や、コーヒー・紅茶を日常的によく飲む人は、歯の表面がくすみがち。この歯の汚れは「ステイン」と呼ばれています。

今回はこのステインの原因や改善方法について、歯科医師に詳しい話を聞いてきました。

ステインとはどんなもの?

歯の表面のエナメル質を覆っている唾液成分の「ペリクル」というタンパク質に、赤ワインやたばこのヤニなどの色素が付着すると「ステイン」になります。

ステインは、ついた直後はブラッシングで落とすこともできますが、沈着するとなかなか取れなくなってしまいます。

ステインの原因となるもの

ポリフェノール


抗酸化作用があり、生活習慣病やアンチエイジングに効果があるとされています。以下の食品などに含まれます。

・赤ワイン
・緑茶
・紅茶
・コーヒー
・ウーロン茶
・ブルーベリー
・大豆 など

ニコチン・タール


タバコのヤニに含まれるニコチン・タールは、唾液に含まれるカルシウムなどの成分と結びつき付着するので、歯の黄ばみ・くすみにつながります。

フッ素


歯磨き粉などに含まれていて、歯質の耐酸性を高める役割があるフッ素ですが、主成分が「フッ化第一スズ」である場合、初期の虫歯や脱灰された歯質に着色することがあります。
このステインは歯科医院で落とすことができます。

グルコン酸クロルヘキシジン


歯周病予防のための消毒薬や、うがい藥などに含まれている場合があり、ステインの原因になります。

歯のステイン付着を予防・改善するには?

ステインの原因となるお茶やコーヒーの色素、たばこのヤニなどは、生活の中で少しずつ蓄積されます。
ステインが固着するまでには何日かかかるので、飲食後や喫煙後にブラッシングで落とせば、着色や黄ばみ・くすみを防ぐことが期待できます。

また、ついてしまったステインをセルフケアで落とすには、ステイン除去用の歯磨き粉を使用するのもよいでしょう。毎日使うタイプのものや、歯のエナメル質を傷付けないよう週1〜2 回使用するタイプのものもあるので、使用方法はよく確認してくださいね。

歯科医院で行うステイン除去とケア

歯科医院では、専用機械を使用し本格的な歯の清掃を行う「PMTC」が実施できます。そこでは、歯の表面を傷付けないようにステインやプラークなどの汚れを除去し、またそれにより本来の自然な色を取り戻せることもあります。

また、歯のエナメル質にわずかな傷がついているのも、ステインやプラークが付着する原因になります。

PMTC後、トリートメント剤などを使用してエナメル質にある細かい傷をなめらかにすることで、歯面にステインやプラークが付きにくくなり、虫歯予防にもなりますので試してみてはいかがでしょうか。

歯科医師からのアドバイス

ステインのつき方には個人差があります。
すでについてしまったステインを取ろうとして、歯を磨耗しエナメル層を傷つけたりしないよう、セルフケアを行う際は十分に気をつけましょう。

かなり気になる汚れがある人は、歯科医院で相談するといいでしょう。

(監修:Doctors Me 歯科医師)