【詳細】他の写真はこちら

e-Bikeに限らず、自転車に乗るようになると、ドリンクやスマホのホルダーなど、ちょっとしたカスタマイズがしたくなるもの。自転車生活をちょっと便利にしてくれる街乗りアイテムをピックアップしてみました!

コンビニのコーヒーも入れられる!気軽に使えるドリンクホルダーがおすすめ



自転車に乗る時、気にしなければならないのは水分補給。とはいえ、専用のボトルを用意して……というのは街乗り向きではない。そんなわけで今回は、コンビニで買ったペットボトルやコーヒー、缶ジュースなどが入れられるドリンクホルダーを紹介しよう。

オススメ 01

BLUE LUG

juicy

実勢価格:4104円



ベルクロでハンドルやフレームに簡単に取り付けられるドリンクホルダー。サイズ調整が可能なので、缶コーヒーから自転車用のボトルまで幅広い飲み物に対応する。保温性のある素材で作られているのもポイントだ。



▲ベルクロで手軽に取り付け。サイズ調整もでき、幅広い自転車に装着できる。

オススメ 02

moca

Cup Holder 01

実勢価格:1080円



折り畳むとカップホルダーの形状になるユニークなアイテム。コンビニやスタバで買ったコーヒーを入れるのに最適なサイズで、カラバリが豊富なのも特徴だ。カラーコーディネートで愛車を楽しげに演出できる。



▲サイズが大きくペットボトルなどに対応する「Cup Holder 02」(1296円)もある。

オススメ 03

APIDURA

フードポーチ

実勢価格:5400円



流行りのバイクパッキングアイテムをリリースするAPIDURA(アピドゥラ)。そのAPIDURAから発売されているフードポーチでもドリンクの収納が可能だ。自転車用ボトルだけでなく、ペットボトルなどにも対応する。ハンドル周辺に取り付けられるので出し入れがしやすい。



▲装着もベルクロで手軽。ドリンク以外にスマホやカギなども入れておける。

文/増谷茂樹 撮影/下城英悟

※『デジモノステーション』2017年6月号より抜粋

関連記事



もはやママチャリ型だけじゃない!今どきは電動アシスト付き自転車をこう選べ【e-Bikeのスマホ的楽しみ方】

バイクっぽいけど電動自転車!?スイ〜っと走れる『Outlaw Tracker』がカッコイイ