昔みかけた「ルーレット式おみくじ器」は岩手県で現在も販売中! ふるさと納税の返礼品にもなっているし個人購入も可能だよ〜っ

写真拡大

昔喫茶店などでよく見かけた、星座占いの「ルーレット式おみくじ器」。外観がレトロなお店などには今でもちょこんと置かれていることがあって、見かけるとつい、おみくじを引かずにはいられなくなってしまいます。

昭和世代の心をくすぐる「ルーレット式おみくじ器」を製造・販売しているのは、日本でただ1社のみ!? 岩手県滝沢市に工場を持つ「有限会社 北多摩製作所」だけが唯一、あの夢と希望がいっぱい詰まったアイテムをこの世に生み出しているらしいんです。

【なんと! ふるさと納税の返礼品になっておる!】

こちらは滝沢市のふるさと納税の返礼品にもなっているらしく、さっそくふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」をチェックしてみたところ、たしかにあった〜!

見たところ3万円と5万円のコースがあるようです。返礼品としてもらえるのは、滝沢市の伝統行事に出てくる「チャグチャグ馬コ」モチーフの限定デザインだそう。

【個人購入もできますよおおお】

もらえたら地味に嬉しい「ルーレットおみくじ器」。個人で購入する場合は、くじが59本入って1台税込み8640円というお値段。なお、追加のくじも買うことができるようで、100本1セットで税込み3240円となっているみたい。

カラーは赤と青がラインナップ。2017年5月現在、特別に1000円引きとなる「ワケありおみくじ器」も販売されていましたよ☆

【あなたもきっと遊んだでしょ?】

余談ですが、わたしがまだ学生だった頃、地元のファミリーレストランには必ず「ルーレット式おみくじ器」があって、友達と一緒にキャッキャしながら引いて一喜一憂していたっけ。どんな結果が出るかわからない、あのちょっとしたスリルがクセになるのよね……。

ひとたび遊べば、あの頃にたちまち戻れてしまう懐かしの品。まだまだ現役だということがわかって、嬉しいかぎりです〜!

参照元:北多摩製作所 [公式サイト, Facebook], ふるさとチョイス
執筆=田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら