【警告】日本=なし 南アフリカ=マージマン
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】堂安 律(日本)

写真拡大 (全3枚)

[U-20ワールドカップ・グループリーグ第1戦]U-20日本代表2-1U-20南アフリカ代表/5月21日/水原(韓国)

【U-20日本 2-1 U-20南ア PHOTO】小川で同点、堂安で逆転!日本が幸先よく白星発進

【チーム|採点・寸評】
U-20日本代表 6.5
前半は南アフリカのフィジカル、スピードに圧倒され開始7分に失点を喫するなど、ほぼ意図する形は作れなかった。ただ、粘り強く耐え凌いで徐々にリズムを作り、逆転勝利へつなげた戦いぶりは見事。交代選手が仕事をした点もポジティブに捉えられる。
 
【選手|採点・寸評】
GK
1 小島亨介 6
試合序盤はやや冷静さを欠いた印象も、時間の経過とともに落ち着きを取り戻す。ハイボールへのクロスには果敢に飛び出して対処した。
 
DF
3 中山雄太 6
序盤は敵陣からのロングボールの対応で後手を踏んだ。右サイドからのクロスに目測を誤り、フリーでシュートを許した17分の場面は頂けなかったが、徐々に持ち直して最少失点に抑えた。
 
5 冨安健洋 6
33分には、相手のキックフェイントにまんまと引っかかり、決定機を招いたが、その後は徐々に落ち着きを取り戻す。ロングボールにしっかり対応した。
 
6 初瀬 亮 5.5
立ち上がりから浮足立ち、対面したシンやモディセのスピードに苦戦。後半は持ち直したが、チャンスに絡む場面は限られた。
 
19 舩木 翔 5.5
球際で粘り強く対応する場面もあったが、背後を簡単に突かれるなど不安定な出来。オーバーラップを仕掛けても、ボールを失う場面が目に付いた。
MF
4 板倉 滉 6(90+2分OUT)
ビルドアップの局面でパスミスが散見。敵のフィジカルに威圧されて、マッチアップした際は容易く突破を許していたが、時間の経過とともに中盤でのチェックに鋭さが出てきた。
 
10 坂井大将 5.5
劣勢を打開しようと、時折自ら突破を仕掛けた姿勢は評価できる。ただ、相手に対する寄せは甘く、効果的なプレーが多かったとは決して言えない。
 
8 三好康児 6(59分OUT)
精度の高いクロスで小川に決定機を演出するなど、輝きを放つ場面も。ただし、鋭いドリブル突破を含め、あと一歩が足りずにゴールには絡めなかった。
 
7 堂安 律 6.5
屈強な相手にもめげず、果敢に突破を仕掛ける姿勢は好感が持てた。72分には久保のアシストから左足で勝ち越しゴールを奪取。チームを救う働きはMOMに値する。
FW
9 小川航基 6.5
前後半に一度ずつ決定機を外したのは反省点も、世界舞台でも勝負強さを示すあたりはさすが。必死に味方からパスを呼び込んで、起点となる働きぶりも◎。
 
13 岩崎悠人 6(68分OUT)
馬力のあるドリブル突破で攻撃にリズムを生み、48分には小川の同点弾をアシスト。ただ、67分のヘディングシュートを外すなど、最終局面の精度を欠いたのは悔やまれる。

交代出場
FW
20 久保建英 6.5(59分IN)
冷静に状況を見極めながら、前線で上手くパスを引き出し、ファーストプレーで決定機を演出。72分には、堂安とのパスを受けてリターンからのクロスで決勝点をお膳立てした。

MF
11 遠藤渓太 6(68分IN)
ジョーカーとして途中出場。積極的にゴール前にも顔を出し、72分には小川のクロスから決定的なシュートを見舞うも、GKの好守に阻まれた。

MF
16 原 輝綺 ―(90+2分IN)
クローザーとして出場。出場時間が短くほぼボールタッチはないまま終了となったが、スペースを確実に埋め、守備固めとしての役割は果たした。
 
監督
内山 篤 6.5
劣勢を見事に跳ね返した采配は評価に値する。途中投入の久保が決勝点をアシストするなど、交代カードが当たった点も見逃せない。
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。