20日、韓国・朝鮮日報など複数の韓国メディアによると、韓国の文在寅大統領が「ハンサムな国家元首ランキング」で、世界199カ国中7位になった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は文氏。

写真拡大

2017年5月20日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「ハンサムな国家元首ランキング」で、世界199カ国中7位になった。韓国・朝鮮日報など複数の韓国メディアが伝えた。

米サイト「HOTTEST HEADS OF STATE」が各国元首のルックスランキングを発表した。1位となったのは、カナダのジャスティン・トルドー首相だった。2位はブータンのジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王、3位はメキシコのエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領。韓国の文大統領は7位だった。

その他では、日本の安倍首相が50位、英国のテリーザ・メイ首相が51位、ローマ教皇フランシスコが56位、英国の女王エリザベス2世が96位だった。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が199位で最下位となり、続いてジンバブエのロバート・ムガベ大統領が198位、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が196位だった。ドナルド・トランプ米大統領は137位だった。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「文大統領は本当に印象が良い。印象のように良い大韓民国を作ってほしい」「ルックスも上位を占めた大韓民国大統領を誇りに思う」「年齢による老化を考慮すると1位でもおかしくない」「文大統領がもっと若かったら1位だ」「何であれ上位だったのはうれしい」など、自国の大統領が上位にランキングされたことに好意的なコメントが多く寄せられた。

一方、「ルックスが良いのと、国民を幸せにできることと何の関係があるのだ」と、このランキングに懐疑的な意見もあった。

また、「李明博(イ・ミョンバク)なら何位だったろう」とする意見や、「金正恩よ、髪型を変えた方が良いぞ」と最下位となった北朝鮮元首へのアドバイスも見られた。(翻訳・編集/三田)