<関西オープン 最終日◇21日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>
今大会、識者として連日取材させてもらった同大会開催コース・城陽カントリー倶楽部所属、コースの生き字引こと山本善隆は3日目終了後、今平周吾が2位に5打差つけて独走する展開に「まだわからんぞ」と警笛をならしていた。
美しすぎるキャディも歓喜!カメラに向かってピース
「8アンダーいうても、1つ間違えると簡単に3オーバーくらいするセッティングやから。2位グループが2つ、3つ伸ばせば追いつく差やからね。出だしが大切やね。1番は比較的簡単なホールやけど、2番、3番が難しい。そこで今平がボギーを先行させるようだと、ひょっとしたひょっとするよ」。
これまで今大会、経験、キャリアの少ない若い選手は、例え1日くらいは60台を出したとしても、このコースセッティングには早々に立ち打ちできないだろうとの予見ほか、そのコメントがことごとく的を射ていただけに、今平のダブルボギースタートにはプレスルームにもざわめくものがあった。
しかし、結果はご存知のとおり今平が6打差をつけての圧勝。「いやぁ、1番ダボの後、よう2番でバーディ獲ったなぁ。それが勝因やな。それとあと12番パー4、昨日も今日もバーディやん。驚くわな。あのホールはティショットが難しくて、理想的には右のフェアウェイバンカーから軽めのドロー。でも、真っすぐ付き抜けるとOBになるし、安全にいくと2打目の距離を残す。まぁ、4日間ボギーも打たんと、2日もバーディ取るとはちょっと考えらんよ。若いのに総合力と賢さがある証拠やね」
今平を除けば、4日間通算3アンダー、単独2位の片岡を含め、アンダーパーは僅か6人のみ。まさに戦前、山本が予想していたスコアとなったが、今平だけが予想を超えたプレーぶりを見せつけたというわけだ。
「パターがメチャクチャ、タッチ合ってたねぇ。それと今朝も、優勝したい、優勝するってインタビューに答えていたくらいやから、自信も相当あったのやろ。何にしてもお見事や」。
ただ最後に「そやけど、生き字引って……。ボクはまだシニアツアーの現役選手やからね(笑)」。はい、失礼しました。
【最終結果】
優勝:今平周吾(-9)
2位:片岡大育(-3)
3位:ハン・スンス(-2)
4位T:北村晃一(-1)
4位T:デビッド・ブランスドン(-1)
4位T:ブラッド・ケネディ(-1)
4位T:カート・バーンズ(-1)
8位T:稲森佑貴(E)
8位T:時松隆光(E)
8位T:谷口徹(E)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

女子ツアーでは上田桃子が歓喜の3年ぶり優勝!
生き字引・山本善隆が語る 「難しすぎる」城陽CC攻略ポイントは?
今平周吾、池田勇太以来の初優勝完全V!勝利の女神との再タッグは??
「周吾が素晴らしいプレー」片岡大育は納得の2位で全米予選へ
ギア選びはボールから、がツアーの新常識