観光庁によると、2017年1月〜3月期の日本人の国内消費はほぼ平年並み。ネモフィラが咲く5月のひたち海浜公園(KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images)

写真拡大

 官公庁が5月19日に発表した、2017年1月〜3月期の旅行と観光の消費に関する調査によると、日本人国内旅行消費額は4兆4,154億円で、前年同期比0.1%増となり、ほぼ前年並みだった。

 日本人の国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は3兆3,396億円で前年同期比1.6%減、日帰り旅行消費額は1兆758億円で前年同期比5.7%増となった。

 日本人国内延べ旅行者数は1億3,866万人(前年同期比3.2%減)となり、うち宿泊旅行が7,069万人(前年同期比4.0%減)、日帰り旅行が6,797万人(前年同期比2.4%減)となった。

 日本人国内旅行の一人1回当たり旅行単価は31,844円で、前年同期比3.4%増。宿泊の有無で見ると、宿泊旅行が47,245円で前年同期比2.5%増、日帰り旅行が15,828円で前年同期比8.3%増となった。

訪日外国人旅行の消費は?

 なお、4月に発表された同期の訪日外国人旅行消費額は9,679億で、前年同期に比べ4.0%増加した。

 訪日外国人1人当たり旅行支出は14万8,066円。前年同期に比べ8.5%減少した。国籍・地域別にみると、スペイン(24万9千円)、オーストラリア(24万1千円)、中国(22万5千円) の順で高い。

 観光庁によると、韓国、タイ、米国などで訪日外国人旅行消費額が前年同期に比べ増加し、全体を押し上げた。同期の訪日外国人旅行者数は654万人で、前年同期に比べ13.6%増加した。

国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額(観光庁)

 国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額をみると、中国が3,718億円(構成比38.4%)と最も大きい。次いで、台湾1,334億円(同13.8%)、韓国1,180億円(同12.2%)、香港801億円(同8.3%)、 米国463億円(同4.8%)の順となっており、これら上位5カ国・地域で全体の77.4%を占める。

 日本政府観光局(JNTO)によると、2017年の訪日客数は5月中旬にも1千万人を達する見込み。

(編集・甲斐 天海)