GetNavi web×新日本プロレス コラボ連載

オカダ・カズチカ選手が外道選手に高級ミニバンのドライブをプレゼント!

新日本プロレスで人気のユニット、CHAOS(ケイオス)。その日本人メンバーによる外道選手の48歳を祝うサプライズパーティに密着するのが本企画。前回は、後藤洋央紀(ごとう・ひろおき)選手が外道選手に祝福の歌をプレゼント。また、外道選手のタッグパートナー・邪道選手が最新文具を使って、感謝を伝える手紙を贈りました。

 

さて、連載の最終回となる今回は、オカダ・カズチカ選手が、マネージャーを務める外道選手に日ごろの感謝をこめて、高級ミニバンの代名詞、トヨタのアルファードで最高のドライブへ連れ出します!

 

PROFILE

オカダ・カズチカ(写真右)

愛知県安城市出身、1987年11月8日生まれ。新日本プロレス所属。身長191cm、体重107kg。「レインメーカー」の異名を持つ現IWGPヘビー級チャンピオン。華麗なるドロップキックを得意とし、フィニッシュホールドとしてレインメーカーを持つ。趣味はルアーフィッシングで、クルマ好きとしても知られている。

オカダ選手のTwitterはコチラ

 

外道(げどう・写真左)

東京都武蔵村山市出身、1969年2月20日生まれ。身長172cm、体重86kg。1989年3月オランダ・アムステルダムエイデンホール・モンキーマジックワキタ戦でデビュー。同日にデビューした邪道と共にタッグチーム・邪道&外道として多くの団体を渡り歩き、第7代、11代、13代、17代IWGPジュニアタッグ王座、第28代GHCジュニアヘビー級タッグ王座など、多くのタッグ王者に輝く。現在「CHAOS(ケイオス)」に所属。IWGPヘビー級王者で“レインメーカー”の異名を持つオカダ・カズチカ選手のマネージャーとしても活躍する。得意技は外道クラッチ。

 

703万円の超高級ミニバンで夜のドライブへ

パーティが終わり、「うれしかったね! こんなことってないからね」と少し興奮気味に話す外道選手。つい先日、オカダ選手にプレゼントされたというヒゲブラシを取り出し、あらためて喜びをかみしめていると、オカダ選手から「いきなりですけど、外道さん、これから車に乗って外道さんが行きたいところへ行きましょう!」との提案が……。

 

オカダ 僕のプレゼントは、おそらくみんなの中で一番お金がかかってますよ!

 

外道 それは楽しみだな。

 

オカダ そうですよ、どうですかこれ? アルファードだけど、ただのアルファードじゃない。特別なアルファードですよ!

――最上級グレードの「エグゼプティブラウンジ」といって、車内がラグジュアリー感満点に仕立てられています。車両価格はなんと703万円もします。

 

外道 そうなんだ。すごいじゃん!

 

オカダ これで夜景のきれいなところへドライブに行きましょう!

外道 (アルファードの車内を見ながら)広い! 豪華! プライベートで今乗ってるミニバンともぜんぜん違うな。

 

オカダ (シートをいじりながら)こうやっていろいろアレンジできるんですよ。

外道 ほうほう、これは便利だ。

 

オカダ では、さっそくドライブに出かけましょうか。最高のクルマで最高の夜景をプレゼントしますよ!

 

揺れも少なく静かで抜群の乗り心地

――このクルマが月に2000台、多いときには3000台ほど売れているなかで、けっこうな割合がこのエグゼクティブラウンジなんです。

 

外道 どんな人が買ってるんだろう? 普通の人はなかなか買えないよね?

 

――そうですね、一般ユーザーは量販グレードが多いですが、エグゼクティブラウンジみたいなモデルは、政治家の先生とか、芸能事務所の方などが多いですね。

 

オカダ いいですね、この走り!

 

外道 素晴らしいね。見た目が豪華なだけじゃなくて、乗り心地もいいね。ぜんぜん揺れない。それに静かだ。モニターまである。これは後ろに乗った人も喜ぶだろうな。

――最新のアルファードは今までとリアのサスペンションがガラッと変わって、乗り心地が本当によくなりました。静かなのは、ハイブリッドの強みですね。

 

外道 (信号待ちで止まって)今なんてぜんぜん何も感じないもんね。

 

――エンジンが止まっているんです。エンジンの音や振動がないと、こんなに静かなんです。

 

オカダ 運転手がいいからですよ(笑)

 

外道 運転手は関係ないだろ(笑)。ところで、運転した印象はどう?

 

オカダ 乗りやすいですね。目線が高くてラクです。ふだんフェラーリに乗ってると、楽しいけど運転にはいろいろ気を遣って疲れますから(笑)。

 

外道 こういうクルマも買えばいいじゃん。

 

オカダ たしかに。ちょっと本気で考えようかな。疲れないし、もし疲れてもクルマの中で休めるし。運転した感じも、こんなに大きくて重たそうだから、もっと遅いのかと思ったら、ぜんぜんそんなことないですね。しっかり加速しますし、エンジンの音もいい感じです。

――モーターがいい仕事をしているんですよ。このクルマは2.5リッターの4気筒エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドで、こうした大柄なミニバンのわりには燃費もいいんです。この上のクラスにはハイブリッドではない、3.5リッターV6モデルもあって、そちらはもっとパワフルですね。

 

ライトアップされた東京タワーで記念撮影

――ちなみに、このクルマはハイブリッドでモーターを積んでいて、減速するときに逆回しをして発電しているんです。その電気をバッテリーにためて、今度は加速するときに使います。そうすると燃費もよくなるし、加速もよくなるんです。

 

オカダ あっ、それを確かめるために今ブレーキしたんですよ(笑)。

 

外道 ホントか〜?(笑) クルマはいいんだけど、運転手がもう少しよければな〜。

(東京タワーが見えてきて…)

 

外道 おお、素晴らしい景色! カラフルだ!

 

オカダ そうなんです! これをお見せしたかったんですよ。

 

外道 スカイツリーができて、東京タワーは閑古鳥になるかと思っていたら、ぜんぜんそんなことはないね。こんな夜でも人でにぎわってるんだ。やっぱり東京タワーはイイよ。

 

――では、記念撮影を。ハイ、チーズ!

 

乗り降りしやすいからレスラーにもありがたい

外道 しかしこのクルマ、乗り降りするときに、ちょうどいいところに取っ手があるのもイイね。レスラーにもありがたいよ。だいたいみんなどこか体に痛いところがあるからね。会社のバスに乗るときも、みんなが「よっこらしょって」掴むから取っ手が取れちゃったもんね。

 

――えっ、それは意外です。みなさんものすごく体の丈夫な方々だと思っていましたよ。

 

外道 けっこう大変なんですよ。みんなどこかしら痛めてる。でもこのクルマで迎えに来てくれたら、戦績も上がりそうだよね。出かけるときにいつも家の前でスタンバイしてくれていたら最高だよね。運転手付きで。

オカダ 僕らがドームや両国国技館に行くときも、選手全員分の駐車スペースがないので、会社のワンボックスに乗って行くときもありますからね。

 

――ちなみに、このクルマは、子どもからお年寄りまで、どんな体格の人でも乗り降りしやすいように、取っ手なども設計されているので大丈夫です。

 

外道 ワンボックスは荷物は載るけど、人が乗るクルマじゃないな。背もたれも倒れないし。試合前にもこれで迎えに来てくれたら最高だな。

 

――体調がよくなって戦績がもっと上がるかもしれないですね(笑)。

 

オカダ クルマと夜景はお楽しみいただけましたか?

 

外道 もっちろん! 感謝するよ。ぜひ本当に運転手付きで欲しいな(笑)。

アルファードの性能に触れ、「いや〜このクルマはスゴイ!」と最後まで興奮していた外道選手。東京タワーの夜景も含めて、最高のプレゼントとなったことは間違いありません。こうして外道選手のサプライズパーティは、最高の形でフィナーレ。これを機に、CHAOSのメンバーの結束がますます固くなることは間違いありません。これからも選手たちの活躍に注目していきましょう!

 

【SPEC】

TOYOTA ALPHARD HYBRID Executive Lounge(トヨタ アルファード ハイブリッド エグゼクティブラウンジ)

全長×全幅×全高:4915×1850×1950mm  ホイールベース:3000弌ー嵶晶杜漫2220kg エンジン:直列4気筒DOHC 総排気量:2493cc 最高出力:152PS/5700rpm 最大トルク:21.0kgf・m/4400〜4800rpm トランスミッション:電気式無段変速機 JC08モード燃費:18.4km/L 車両本体価格:703万6691円

 

【試合情報】

鉄拳7 Presents BEST OF THE SUPER Jr.24
6/3(土)@東京・国立代々木競技場 第二体育館
OPEN 15:30/START 17:00

 

保険見直し本舗 Presents DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL
6/11(日)@大阪・大阪城ホール
OPEN 14:30/START 16:00
※最新情報は新日本プロレス オフィシャルサイトへ

 

撮影/黒飛光樹(TK.c)、石上 彰(gami写真事務所)