ケリー・ワシントン主演の
人気ドラマ「スキャンダル」 Photo by Mitch Haaseth/ABC via Getty Images

写真拡大

 米ABCの人気ドラマ「スキャンダル 託された秘密」が来シーズンで終了すると、米エンターテインメント・ウィークリー誌が報じた。

 ケリー・ワシントンが主演する同作は、元ホワイトハウス広報の敏腕フィクサー、オリヴィア・ホープを主人公にしたラブサスペンスで、サプライズに満ちた展開が話題を呼んだ。最新のシーズン6が5月18日にフィナーレを迎える。すでに継続が決まっていたが、同局はこのほどシーズン7での番組終了を発表した。

 企画・制作総指揮はションダ・ライムズ(「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」「殺人を無罪にする方法」)は、4月上旬に開催された通算100話を記念した特別エピソードのお披露目パーティにおいて、「番組がどれだけ続くのか、どうやって終わるのかが決まって、とても興奮している」とコメントし、番組終了が近いことを示唆していた。