横風や路面アンジュレーションなどの外乱にも強い

次世代プラットフォームのシャーシやサスペンション性能によって、新型XVはハンドリングと乗り心地とのバランスを高いレベルに引き上げている。

ボディやシャーシの剛性を大幅に高めたことで、曲げやねじれに対するたわみが少なくなり、前後タイヤの応答遅れが少なくなるので、操舵時の遅れや余分な動きが減り、路面のうねりや横風などの外乱に強くなる。そのため、直線道路でも先代に比べ、ハンドル操作角、修正操舵頻度が大幅に減少している。

また、ベースの性能向上に加えてアクティブ・トルク・ベクタリングも標準装備。コーナリングや緊急回避性能での、ステアリングレスポンスの早さと車体の向きが変わる俊敏さもアップした。

インプレッサの16インチタイヤ装着車と新型XVの17インチタイヤ装着車での比較ではXVの方が緊急回避性能が上まわるほどで、先代インプレッサ比では大幅に向上している。


ハンドリング性能だけを尖らせたのではなく、乗り心地面でも振動や揺れの少なさで、車高の高さを意識させない。とくに、リヤサスペンションでスタビライザーの支点をボディにマウントしたことが揺れを素早く収めるのに効いている。これはSGPの特徴のひとつだが、XVでこそより効果を発揮できるという。


さらに、リヤサスペンションの動きを滑らかにするために、XV専用にスプリングの巻き形状を変更して荷重軸をコントロールし、ショックアブソーバーのロワアーム側ブッシュを抉りやすい形状にしてストロークするときのピストンロッドの曲げ力を減らすように改良。

ショックアブソーバーを縮めようとしたときにピストンロッドに横力が加わるとスティック(固着)して、初期の動きが渋くなることを防いで本来の減衰力を発揮させることで、ゴツゴツ感をなくすのが狙いだ。


ジオメトリーの最適化も実施されて、直進時に路面のうねりなどでリヤサスペンションが上下動したときのトー変化を少なくし、うねり通過時にリヤが横に動くような挙動を抑制。高速クルージングも安心して楽しめるようになっている。