【詳細】他の写真はこちら

DIYキットということは、価格も安くなるのかな?

最近人気のレコードプレーヤー。雑貨店などでも、安価なレコードプレーヤーとアナログレコードが置かれているコーナーがあったりしますよね。そんな注目度が高まっているアナログレコードをもっと楽しめるようになる、組み立て式のレコードプレーヤー『Spinbox』が海外サイトに登場しました。

箱まで利用するDIY魂





『Spinbox』は、パッケージの中にターンテーブルや電子回路、スピーカー、ケーブル、ノブが同梱されており、自分で組み立てる必要があります。公式ホームページによれば、組み立ては5ステップ、18分間で終わるとのことなので、それほど難しくなさそう。完成後にアナログレコードをセットすれば、懐かしくて温かみのある音楽が楽しめます。

製品パッケージは、アップル製品の外装にも使われている高品質で耐水性のある紙が利用されているそう。なんとこのパッケージがレコードプレーヤーの本体になります。パッケージも部品の1つというわけ。

スピーカー内蔵でどこでもプレイ







アンプやスピーカーが内蔵されているので、microUSB経由で電力供給さえすれば、『Spinbox』単体で音を鳴らすことが可能。モバイルバッテリーと組み合わせれば、どこへでも持ち運んでレコードを楽しめます。

組み立て式とはいえ再生性能は十分。33回転、45回転、78回転から再生モードを選択でき、7インチや10インチ、12インチの標準的なアナログレコードに対応します。ラインイン/アウトを備えており、手持ちのスピーカーやヘッドホンへの接続も可能なので、自宅のオーディオシステムに組み込むことだってできるんですよ。

まずはクラウドファンディングから





残念ながら、この『Spinbox』はまだ製品化されていません。近日中にクラウドファンディングサイトでプロジェクトを進めるため、現在はその準備段階なのだそう。公式サイトでメールアドレスを登録しておけば、事前情報を受け取ることができるみたいです。製品を手に入れたい方は、登録してみてはいかがでしょうか?

文/塚本直樹

関連サイト



『Spinbox』製品情報ページ

関連記事



お、良デザイン。IoT時代のレコード盤上型プレイヤー『LOVE』

モノノフ専用!ももクロデザイン全開のレコードプレイヤー『TN-100NOFU』が一般発売

フォースにもA面B面がある!?「スター・ウォーズ」レコードプレイヤー