シン・セギョン、ドラマ「河伯の花嫁2017」の役作りのためヘアスタイルをチェンジ

写真拡大 (全2枚)

女優シン・セギョンが印象が変わった姿を披露する。

20日午後、シン・セギョンは自分のSNSに2枚の写真を掲載した。tvN新月火ドラマ「河伯の花嫁2017」の撮影に臨んでいるシン・セギョンの、ピュアさやキュートな魅力が盛り込まれており、ファンの心をくすぐった。特にトレードマークだった長いストレートヘアの代わりに、肩より少し長い程度のヘアスタイルが注目を集めている。

シン・セギョンはドラマの撮影前、精神科専門医ソアというキャラクターのためにスタッフと話し合い、ヘアスタイルを変えたという。現在はすぐに慣れて楽しく撮影に臨んでいるという。

シン・セギョンの所属事務所の関係者は「現在は写真の姿よりもう少し短くなり、ボブヘアに近い。ソアというキャラクターにハマっており、愛情を注いでいる。良い姿をお見せすることができると思う」と話した。

「河伯の花嫁2017」は、同名の少女漫画のスピンオフバージョンで、ファンタジーラブコメディドラマとして描かれる。シン・セギョンは河伯役のナム・ジュヒョクと共演する。同ドラマはtvN月火ドラマ「サークル」の後番組として7月に韓国で放送される予定だ。