インドのニューデリーで、プラカードを掲げて性犯罪に抗議する活動家(2017年2月21日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インド南部ケララ(Kerala)州で、自宅で男にレイプされそうになった女性が、男の局部を切断した。現地の警察当局者が20日、明らかにした。

 法律を専攻している23歳の女性は、19日遅くに州都トリバンドラム(Thiruvananthapuram)にある自宅で、54歳の男に襲われた。現地の警察当局者がAFPの電話取材に対し明らかにしたところによると、女性は身を守るために刃物を取り、男の局部を切断したという。男は女性の家族に対して、宗教指導者を自称していた。

 男は重傷で、近くの病院に搬送されたが、地元メディアによると、病院で緊急治療を受けた後、容体は安定しているという。

 警察は、女性が男から数年間にわたって繰り返し襲われたと話していることを受け、未成年者に対する性犯罪と強姦(ごうかん)の疑いで男を取り調べる方針を固めた。女性の両親は男の暴行に気付いていなかったという。

 警察当局者は女性の証言として、「女性の両親は男を盲目的に信じていた。男は特別な儀式を執り行うため女性の自宅にたびたび招かれて泊まり、そこで女性を襲っていた」と話した。
【翻訳編集】AFPBB News