ジャズバンドMyron McKinley Trio、SM「STATION」で「E-12」MV公開“目が離せなくなる生き生きとした演奏”

写真拡大

SM「STATION」は歌だけが強いと思ったら大きな間違いだ。今回はフュージョンジャズ曲で音楽ファンの耳を楽しませた。

アーティストの名前を聞くだけで驚かされる。米国「グラミー賞」で7回の受賞を記録したアメリカの伝説的R&Bジャズ・ファンクグループEarth,Wind&FireのメンバーであるMyron McKinleyが牽引するフュージョンジャズバンド、Myron McKinley Trioが「STATION」に参加したのだ。

これはSM「STATION」シーズン2のグローバルコラボレーションだ。「E-12(Live)」は19日午後6時、MelOn、genie、NAVER MUSICなど各種音楽配信サイトを通じて発売された。

キーボード、ベース、ドラムで構成されているMyron McKinley Trioが披露する難易度の高い演奏が際立つ。

特に今回のミュージックビデオは、米・LAのEastWest Studioで撮影、現場の録音や映像の撮影を同時に行った。Myron McKinley Trioの演奏の様子は生き生きと伝えられ、たった一瞬も目を離すことができない。

SM「STATION」シーズン2は、毎週多彩なコラボレーションを通じて作られた完成度の高い音源およびコンテンツを披露し、熱い人気を得ている。