ミネラルは、健康を維持していく上で欠かせない栄養素です。しかし体の毒となる「有害ミネラル」も存在します。これらが体に蓄積していくと体調不良を起こしたり、病気の原因となることがあります。有害ミネラルとは何か、そして体に溜めないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。

蓄積するのを避けられない有害ミネラル

水銀や鉛、カドミウム、アルミニウム、ヒ素などの有害ミネラル(または有害重金属)は、人体に害となるミネラルです。これら有害ミネラルによる健康被害として知られているのは、水銀が原因となる水俣病、カドミウムが原因となるイタイイタイ病などです。現在でも有害ミネラルは、微量ながら食品や水道水、日用品、土壌や大気などに含まれています。有害ミネラルを全く体内に入れないようにすることは不可能であり、知らず知らずのうちに、私たちの体に蓄積されていることが問題視されています。

有害ミネラルが起こす体調不良

有害ミネラルの問題は、人間の健康を保つのに欠かせない、酵素の働きを阻止することです。酵素が働くなると新陳代謝が下がり、免疫力が低下します。さらには活性酵素が増えて不調や病気が起こりやすくなります。原因不明の体調不良が続き、何をしても改善しない場合、体に溜まった有害ミネラルが不調の原因となり得るとの指摘もあります。

ところで有害ミネラルはどのような経路で体内に入るのでしょうか。例えば海には微量の水銀が含まれています。水銀を含んだ稚魚を小魚が食べ、小魚が中型魚が食べ…と食物連鎖により水銀が蓄積されていき、大型魚には少なからずの水銀が溜まっているそうです。魚をよく食べ、特に大型魚であるマグロを食べる日本人の体には、水銀がたまりやすいと言われています。

水銀以外では、鉛が塗料や古い水道に含まれていたり、カドミウムは土壌に含まれていることから、米に含まれていることが多いです。またタバコには複数の有害ミネラルが含まれています。ヘビースモーカーであったり受動喫煙により、タバコに接することが多いと、有害ミネラルが体内に蓄積されやすくなります。

体のデトックス機能を最大限に利用して!

人間の体にはこれらの有害物質を自然に排出する機能、つまりデトックス機能が備わっています。しかし現代ではデトックスを促す食品の摂取量が減り、また運動量が減ってストレスや疲労、睡眠不足などを常に抱えています。そのため体のデトックス機能が十分に働きにくくなっているのです。有害ミネラルの蓄積を防ぐためには、当たり前ですが、できるだけこれらを体の外に出すことを考えなければなりません。

有害ミネラルは主に尿や便、汗と一緒に排泄されます。有害ミネラルを排出しやすい体を作るためには、健康な生活習慣を心がけることが大切です。またデトックス作用の強い食品を摂り、サプリメントを利用するのも効果があります。最近では有害ミネラル検査や、有害ミネラルの除去を行っている病院もあります。原因の分からない体調不良に悩まされている方は、一度相談してみることをおすすめします。


writer:Akina