山田直輝の活躍で湘南が松本を撃破《J2》

写真拡大

▽明治安田生命J2リーグ第15節の松本山雅FC vs湘南ベルマーレが21日に松本平広域公園総合球技場で行われ、1-2で湘南が勝利した。

▽ここまで5勝4分け5敗で10位に位置する松本と、8勝3分け3敗で3位につける湘南が激突した。試合は序盤から激しい一進一退の攻防が繰り広げられる。松本は24分、高崎のパスから石原がボックス左に進入。そのままシュートに持ち込むも、これはわずかにバーの上にはずれた。

▽ハーフタイムにかけても好勝負が続く。湘南は33分、正面でボールを受けた山田がミドルレンジから右足を一閃。鋭いシュートがゴールへ飛ぶが、これはわずかに枠の左にはずれる。対する松本は40分、ゴールキックからボールを落とした高崎が、工藤のリターンボールを受けてシュート。だが、これはわずかに枠の右にはずれた。

▽迎えた後半、早い時間帯に試合の均衡を破ったのは湘南だった。47分、左サイドの石川が入れたクロスはGKにパンチングされるも、味方がつないだボールがゴール前の野田にわたる。野田がゴールに背を向けながらも巧みに放った反転ボレーシュートがネットを揺らし、湘南が先行する。

▽ビハインドを背負った松本だが、すぐさま追いつく。53分、ボックス左角の手前で仕掛けた石原がカットインシュート。コースを突いたコントロールシュートをゴール右隅に突き刺し、石原の今季初ゴールで松本が試合を振り出しに戻した。

▽白熱の展開の中、勝ち越し弾を挙げたのは湘南。62分、左サイド深くからアンドレ・バイアが入れた鋭いクロスに、ニアサイドに走り込んだ山田が合わせる。このヘディングシュートが決まり、湘南が2-1とリードする。

▽その後は、松本がリスクを負って仕掛けていく。79分には、途中出場のセルジーニョが強烈なミドルシュートを放つも、コースが甘くGKに弾かれる。

▽結局、試合はそのまま終了。湘南が2試合にぶりの白星を手にした一方、連敗の松本は5試合未勝利となっている。