インド東部ジャルカンド州の風景(2015年8月24日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インド東部ジャルカンド(Jharkhand)州で、組織的な幼児人身売買が横行しているとのうわさが広まり、関与を疑われた男性6人が激怒した住民から集団暴行を受けて死亡した。警察関係者が19日、AFPに語った。

 それによると、ジャルカンド州の先住民集落で先週、子どもを人身売買する組織が暗躍していると地元住民に警告する動画がメッセージアプリ「ワッツアップ(WhatsApp)」で拡散。インターネット事情に疎い住民たちは動画の内容を事実だと信じ込み、怒りを募らせて男性らを襲った。集団暴行はこの集落や近隣も巻き込んで2日間にわたったという。

 背景にはインドで農村部を中心に幼児の人身売買が深刻化していることがある。

 インド先住民族の集落は伝統的に社会経済面で最も低いレベルにあり、貧困、栄養不良の比率が高く平均寿命も短い。
【翻訳編集】AFPBB News