映画「一日」キム・ミョンミンが共演者ピョン・ヨハンを絶賛…表情だけですべての感情を表現

写真拡大 (全2枚)

俳優のピョン・ヨハンが映画「一日」(監督:チョ・ソンホ) で爆発的な感情を表現する。

「一日」は、目を覚ますと娘が事故に遭う2時間前を毎日繰り返す男が、どうもがいても変わらない時間の中に閉じ込められたもう1人の男と出会い、その日にまつわる秘密を追って行くミステリースリラー映画だ。ピョン・ヨハンは繰り返される時間に閉じ込められたもう一人の男、ミンチョルに扮し、愛する妻を救うために奮闘を繰り広げる。

私設救急隊員であるミンチョルは、事故現場で妻を発見して衝撃を受けた日から、毎日のように繰り返されるその日の中で、妻の事故に対する手がかりを見つけるため暴走機関車のように走る。ピョン・ヨハンは妻を救うことに夢中になっているミンチョルの憤怒から妻の事故を防げなかった絶望感まで、両極を行き来する感情的な演技を卓越に表現した。

ピョン・ヨハンは撮影初日から極限の状況を目の前にしたミンチョルの姿をリアルに演じ、スタッフを驚かせたという。事故現場で会った謎の男と乱闘するシーンを撮影する時も、自らの唇を噛んで本当に血を流しながら熱演を見せて武術監督を感嘆させた。

共演した俳優キム・ミョンミンは「情熱もすごいし、セリフがなくても表情だけですべての感情を呼び起こすほど、豊かな感性を持っている俳優だ」とピョン・ヨハンを絶賛した。彼らの言葉を証明するかのように、キャラクターに200%溶け込んでミンチョルの凄絶な感情を爆発的に表現したピョン・ヨハンの演技は、観客たちの心もとらえるだろう。

「一日」は韓国で6月に公開される。