Photo by cinemacafe.net

写真拡大

ケイシー・アフレックが本年度アカデミー賞主演男優賞に輝いた『マンチェスター・バイ・ザ・シー』。本作で、ケイシー演じる主人公の甥パトリックを好演し、新人ながら助演男優賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズ。マスコミ関係者向けの試写では「あの子は誰?」と話題を呼び、公開後も「ケイシーもすごいけど、パトリック役の子の演技も素晴らしい!」「パトリック役の子が気になって仕方ない」など、日本でも人気急上昇の兆しが見える彼から、20歳とは思えないしっかりとした語り口と、若者らしい茶目っ気を併せ持つ魅力たっぷりのインタビューが到着した。
本作は、ボストン郊外で便利屋として暮らしていた主人公リーが、兄の死をきっかけに故郷“マンチェスター・バイ・ザ・シー”へと戻り、16歳の甥パトリックの後見人となることに戸惑いながらも、過去の悲劇と向き合っていくヒューマンドラマ。

ルーカスが本作の脚本を初めて読んだのは、高校3年生、17歳のときだったという。「いつもは“誰かの息子”役しか回ってこなかった」と言う彼は、本作に関しては「いままで読んだ中で、最高のティーンエイジャーの役だった。何よりも、すべてのシーンが素晴らしく練られていたよ。いくつか悲惨なほどに気まずい瞬間があるんだ。多くの映画監督はそういった気まずい真実を描くことに尻り込みをしてしまうけれど、ケニー(ケネス・ロナーガン監督)はそういった瞬間を大切にして物語を綴るんだ」と語る。「真実味のある会話を聞き取れる鋭い耳を持った作家は滅多にいない。ケニーはそういった会話に命を与えられる稀有な存在だと思った」と、しっかりとした言葉でその印象を打ち明けた。

「5回目のオーディションの後、ケネスと一緒の帰り道、電車の中で直接『参加してもらう』と伝えられた。そのとき、どう感じたかは正確には表現できない。きっと、NBAの選手だったらドラフトに選ばれた! って感じかな。その瞬間から、憧れの役者さんたちとこれから2か月間ずっと一緒に現場にいる自分を想像し始めた。毎日朝起きて、その現場に行けるんだ! ってね。それからあとはもう、喜びのあまり叫んでた」と、その当時を嬉しそうに思い返す姿はまさに現代の若者そのものだ。

彼が演じるパトリックは、突然父親を失うものの、友達とともにアイスホッケーやバンドに打ち込む、ごく普通の高校生だ。そんなパトリックと暮らすことで、主人公リーの固く閉ざされた心が少しずつ解かされていく。

父は作家・脚本家・監督のピーター・ヘッジス、母も詩人・女優という芸術一家で育ったルーカスは、どのように役との共通点を見出したのだろうか。「僕とパトリックの共通点は、全人類に共通すること――愛だと思う。そして、パトリックと彼の父親の関係は、僕の父親との関係に似ている。僕が思うに、パトリックと彼の父親は親友で、それは僕と僕の父親も同じ。僕は父親と船に乗って釣りには行かなかったけれど、一緒に映画を観たり、キャッチボールをしたりした」と語る。

さらに、「この映画から学んだのは、ぼくは“悲しみ”について全く何も知らないということだ」とルーカスは言う。「それぞれのシチュエーションにはそのとき独自の状況があって、そのシーンを演じる唯一の方法は、知識などに縛られずオープンマインドで現場へ行くこと。パトリック自身、悲劇にどう対応したらいいかなんて知らないわけだから、それでいいんだって。かつては、事前に頭の中ですべてを綿密に計算していた。でも実際には、計算は役者として自分がその瞬間に潜む真実を発見することや、何かが起きる可能性を阻んでしまう」と明かす。本作で得た役者としての収穫を語る姿は、すでに頼もしいといえるほど。

その一方で、「ケイシーとの共演は初めとてもこわかった」とふり返るルーカス。「映画を観ればわかると思うけど、なかなか近寄り難い役柄だからね。ケイシーは現場ではリーになっていたんだ。リーとパトリックの関係性はケイシーと僕の関係性に反映されていると思う。何せ役者になりたい僕にとって、ケイシーはヒーローで、ケイシーからの愛と承認がほしかったけど、いつももらえるわけではなかった。これはまさにパトリックに起きていることだったんだ」と、自ら鋭く分析。

「撮影が終わってはじめて、ケイシーに『お前はすばらしかったよ。ただ撮影中にはそれを伝えられなかったんだ』って言ってもらえたんだ」と語るルーカスは、「彼は僕に、どう自分自身を役に捧げるか教えてくれて、今回とても意義深い経験になった」とも語り、“ヒーロー”との共演からは多くを学んだようだ。

そんなケイシーにいい影響を受けながら好演を見せたルーカスは、アカデミー賞助演男優賞に、ジェフ・ブリッジズ、マイケル・シャノン、マハーシャラ・アリ、デヴ・パテールといった大物・実力派と並んでノミネートされるという快挙を果たす。授賞式時20歳。本年度オスカー候補者の中で最年少だった彼は、18歳で初ノミネートされた故リバー・フェニックス(『旅立ちの時』)や、19歳で初ノミネートされたレオナルド・ディカプリオ(父ピーターが原作・脚本の『ギルバート・グレイプ』)に続く新星として注目を浴びた。

本作の高評価やアカデミー賞ノミネートを受けて「なんだか自分が2つの世界に生きているみたい」と語るルーカスだが、最も感激だった出来事を聞かれると、「アカデミー賞名誉賞授賞式で、憧れのアンドリュー・ガーフィールドに会えたこと! 本当に嬉しかったよ。そしてその直後にエマ・ストーンにも会ったんだ。しかも彼女は『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を観てくれていて、ほめてくれた。立て続けに顔に素晴らしいパンチを2発食らったよ。って実際に殴られたわけじゃないけど(笑)」と、憧れのスターとの出会いを喜びいっぱいに語る姿は実に初々しい。

これからは、彼自身も大きな注目を集めるはずだが…? 「(注目を浴びることは)僕にとって初めての経験だし、有頂天になってしまったり、将来が不安になってしまったり、迷子になるのは簡単だと思う。でも、僕の仕事は、人間であること。自分自身を大切にして、しっかり地に足をつけて、舞台や映画も挑戦し続けたい。とにかく演じることが大好きなんだ」と、しっかり者らしい答えを返すルーカス。

これから挑戦してみたい仕事は、「いままでやったことがないからラブストーリーかな。本当のラブストーリー。でも、その前に自分の人生で本当の愛を見つけないとね(笑)。あとは、ずっとスポーツ映画をやってみたいと思っている。野球好きとして育ったから、本当に特別な若手俳優たちと一緒にスポーツ映画に出られたら最高!」と語るルーカス。映画の中では二股中のプレイボーイだが、実生活では恋人募集中なのかも?

今後もさらなる活躍が期待される新星ルーカス・ヘッジズ。まずは、鮮烈で胸打つ演技を本作で確かめてみて。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』はシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
マンチェスター・バイ・ザ・シー 2017年5月13日よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開
(C) 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

■関連記事:
今年来る!“塩顔男子”の新星ルーカス・ヘッジスに注目
ケイシー・アフレック、オスカー受賞作は「最高だった」 自身とも重なるハマリ役
【予告編】ケイシー・アフレック、オスカー獲得の名演『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
“生みの親”マット・デイモン「とても美しい物語」『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を語る
ジョニデ&デイジー・リドリーら豪華競演!『オリエント急行殺人事件』12月公開へ