公演中に下着が…DIA ウンジン、突然のハプニングにもステージを最後まで披露する姿が話題に

写真拡大

まさにこれがプロ意識というものだ。DIAのウンジンが、ステージで振り付けを披露する途中で下着が下がる緊迫した状況でも、笑顔を忘れずに最後までライブステージを披露した。現場でファンによって撮られた映像はネットで話題となっている。

最近YouTubeに掲載されたDIAのウンジンを撮った映像は、第25回漣川(ヨンチョン) 市旧石器祭りでファンが撮ったものだ。映像でウンジンは、DIAのメンバーとともに「私と付き合って」のステージを披露している。しかし、激しいダンスのため、下着が下がってしまった。

安全ピンで留めておいた紐がほどけてしまったのだ。ダンスをするほど下着は下がっていったが、ウンジンはプロ意識を発揮し、最後までステージを披露した。女性として恥ずかしい気持ちもある状況の中、ウンジンはメンバーとファンのために、プロ意識を優先したのだ。

同映像は現在再生回数が200万回を突破し、ウンジンのプロ意識の高さにネットユーザーは称賛と応援のコメントを残した。

これに関してウンジンはOSENに「たくさんのファンの皆さんとイベントを楽しむために、皆さんが応援してくれている中、ステージを無事終えなければいけなかったので、最後までステージをこなした。恥ずかしく泣きたくもなったが、我慢した。未熟な姿を温かく受け止めてくれて感謝している。今後はこのようなことがないように事前に準備をする」と明かした。