20日、韓国で文在寅新政権が発足し、李海チャン特使が訪中したことを受け、旅行業界では、中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復が緩和するとの期待感が高まっている。写真はソウル・明洞。

写真拡大

2017年5月20日、韓国で文在寅(ムン・ジェイン)新政権が発足し、李海チャン(イ・ヘチャン)特使が訪中したことを受け、旅行業界では、中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復が緩和するとの期待感が高まっている。中国の旅行会社の間では、中国政府による韓国旅行商品販売禁止の解除に備え、韓国旅行商品の販売再開に向けた準備の動きが出ているという。韓国KBSワールドラジオの中国語ニュースサイトが伝えた。

一方で、現時点では中国政府の制裁措置に変化が見られていないことから、今後の状況を冷静に見守る必要があるとの声もある。

中国政府は3月15日に自国の旅行会社に韓国旅行商品の販売を禁止したと伝えられている。3月に韓国を訪れた中国人観光客の数は前年比で40%も減少している。(翻訳・編集/柳川)