深沢邦之(Take2)

写真拡大

21日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)で、女優・田中美佐子が、結婚相手にお笑いコンビ・Take2深沢邦之を選んだ理由を明かした。

番組VTRでは、街頭調査でゲストである田中のイメージを聞いた。そのなかには、田中が人気絶頂時の1995年、元付き人で駆け出しの若手芸人だった深沢をなぜ配偶者にしたのか、首をひねる者もいた。

これにスタジオの田中は「そのとき、もうね私35歳だったんですよ。年齢的にヤバかった。36歳になったら、もう(結婚)できないって気がしたの」「そこに(深沢が)いたんですよ!」と明かしたのだ。なお、深沢は田中の7歳年下だ。

さらに田中は「芸能界に入って、すごすぎる人ばかり見てきて、一番普通の人だった」と理由を告白した。スタジオが爆笑するなか、田中が「いや、これ大事ですよ!」と主張。これにMCの堀尾正明が「それ聞いて、本人どう思ってんだろうな」とコメントし、笑いを誘っていた。

【関連記事】
いとうあさこが「1番顔がイケメンだった芸能人」を告白 男性MC陣も納得
岡田結実 父・圭右の仕事を小学校中学年まで知らなかったワケ
草刈正雄が団地妻に誘われた過去「『ちょっと上がって』っていうことが…」