「ドローンに荷物をくっつけて運ばせる」のでなく、「荷物をドローンにする」というコンセプトのプラットフォーム「UAV PD-ANY」が産業用ドローン専門メーカーPRODRONEによって発表されました。

新しいドローンコンセプト「ANYDRONE」を発表 | PRODRONE

https://www.prodrone.jp/archives/2035/

UAV PD-ANYが何かを説明する、非常にわかりやすい写真がコレ。何の変哲もないイスに、4つのプロペラ付モーターユニットを直接取り付けることで、イス自体をドローン化させています。



実際にドローン化されたイスが空を飛ぶ様子は以下から見ることができます。

[PRODRONE]Adaptable Platform UAV PD-ANY - YouTube

これがプロペラ付モーターユニット。装置全体の総重量は4kgとのこと。



4つのユニットがバラバラに置かれています。



プロペラと反対側の先はマジックハンドのような形。



イスを用意して……



ユニットを取り付けていきます。



取り付け作業は、ユニットの先でパイプの部分を挟むだけと非常に簡単。





たったこれだけの作業なのですが……



イスはふわりと浮き上がりました。なお、最大ペイロードは15kgとのこと。



空飛ぶイスの完成です。最大速度は時速20kmで、飛行可能風速は秒速4m、バッテリーは10000mAhを2つ搭載しており、飛行時間は約10分。雨天時であっても飛行は可能となっています。





大きく重い机を運ぶ時でも、片側にUAV PD-ANYをつければ、1人で荷物を運ぶことが可能になります。



なお、製品の発売時期などは未定。今後の開発において一般的なドローンと同じ性能で飛行できることを目標としており、将来的には、プロペラの二重反転化やモーターユニット間のワイヤレス化、また自動飛行キャリブレーション化も視野にいれているとのことです。