鎌倉にあるアンノ邸

写真拡大

〜オチビサンの生まれた街、生まれた家での原画展〜

今年で連載10周年を迎える「オチビサン」は、四季の変化にあふれた鎌倉が舞台の物語。

【写真6枚】オチビサン展原画の魅力を写真でじっくり見る

「オチビサン展」は、なんと鎌倉にある「アンノ邸」で行われます。

「オチビサン」の作中に登場するお庭や、参考にした蔵書なども実際に見学することができ、ファンにとって嬉しい原画展になっています。

「アンノ邸」は、安野さんの新婚生活をエッセイ漫画にした「監督不行届」にも登場。

原画だけでなく、安野さんの作品の舞台になった“古民家”を見物するのも楽しみ方の1つです。

オチビサン題字をしおりにしたチケット

チケットは安野モヨコさんが描いた「オチビサン」の題字をしおりにしたものになっていて、とってもカワイイ!!

チケットの絵は“春夏秋冬”バージョンがあり、ランダムに配られます。どれになるかはお楽しみに!

期間中は、オチビサンや“ナゼニ”や“パンくい”など、カワイイイラストが描かれた「オチビサン公式グッズ」や複製原画も販売。

オチビサン展の見どころは?

今回の「オチビサン展」では、最新刊8巻からの初公開の原画を公開。

またオチビサンと同じ“ポショワール技法”で描かれた美人画や植物画も展示され、ポショワール技法で使用する型紙や道具なども展示します。

ポショワール技法とは、簡単に言うと「ステンシル」のような技法で色づけすることを言います。

安野さんのポショワール技法は、紙の板にアレンジをして“自己流の技法”を生み出したそう。

漫画へのこだわりが強い安野さんならではの『原画』を間近で見られるチャンスです!

『オチビサン展at鎌倉「アンノ邸」』

■開催日時:平成29年5月23日(火)〜5月29日(月)
平日 13:00〜18:00 土日 11:00〜18:00
■料金: 大人200円 / 小人100円(※未就学児無料)
■開催場所:「アンノ邸」海蔵寺(神奈川県鎌倉市扇ケ谷4丁目18-8)手前
※鎌倉駅より徒歩15分。入り口にオチビサンの看板がお迎えしてます。
※会場に駐車場はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。
※会場内では、注意事項をお守りいただいた上で、携帯電話やスマートフォンでの撮影が可能です。
※会場は住宅街にありますので、会場付近での大声での会話、会場家屋(近隣も含む)の外観の撮影はご遠慮ください。
また、ご入場前にお並びいただく場所がありませんので、開場時間に合わせてお越しください。

安野モヨコ

漫画家。『働きマン』『さくらん』『ハッピー・マニア』などの作品がある。『シュガシュガルーン』で第29回講談社漫画賞を受賞。現在「AERA」で『オチビサン』「FEEL YOUNG」で『鼻下長紳士回顧録』を連載中。 1971.3.26 生 おひつじ座 O型テスト 東京都杉並区出身 多摩市育ち 趣味:読書(内田百輭 岡本綺堂 谷崎潤一郎 寺田寅彦)、散歩、料理、乾物収集、アンティーク着物収集 愛用の筆記用具:PILOT V CORN 愛用の消しゴム:PLUS AIR-IN HARD 好きな食べ物:豆腐、納豆、生姜、紫蘇、茗荷、葱、かぶ、人参、アスパラガス、レバー、牡蠣 好きな飲み物:シャンパン、白ワイン、ミントティー、ほうじ茶(献上加賀棒茶) 好きな色:いろいろな紫