出典:https://www.shutterstock.com

いつか結婚したい……。いまは独り身だけど、そう思って生活している女性は多いと思います。でも、結婚というのは簡単にできるようで、意外となかなかなできないもの。

日頃出会いを求めていなければ、恋愛経験値はどんどんと下がってしまいます。また、現実的に結婚を考えなければ、いざ婚活をしようにも何を基準に男性を探したらいいのかわからないもの。

すなわち、結婚できる女性になるためには、日頃からの意識が大切なのです。そこで今回は結婚できる女性になるべく、今回は結婚できる女性とできない女性の違いを挙げてみました。

 

■結婚の条件が定まっていない

「よく条件が厳しいとか、選り好みするからいい相手が見つからないっていうけど。自分にとっての結婚ってなんなのか。それをよく考えて相手を見つけることって、悪いことじゃないと思う。むしろ自分なりの基準がないと、いい相手は見つけにくいんじゃないかな」(28歳/女性/IT)

たとえば、性格は穏やかで優しく価値観が合っている人で、年収は人並み、仕事は正社員なら問題なし。親元の近くで暮らせる人で、といったように、自分の譲れない条件はしっかりと決めておいた方が、気になる人は見つかりやすいと思います。

もちろん、高学歴・高収入・イケメンといったような、あまりに選り好みをしている条件は出会いの足を引っ張ってしまいます。

自分のレベルと照らし合わせながら、自分がどんな男性と出会えたら嬉しいのかを考えましょう。

漠然と「誰かいい人いないかな」と考えるのではなく、より現実的に男性の条件を考えることが、自身の結婚を近づけるポイントになるでしょう。

 

■自分から結婚するための行動が取れていない

「よく“結婚は縁だから”っていうけど、縁を自分で作る努力をしないと、いい縁はいつまで経ってもやってこないです。いい相手が見つからなかったとしても、出会いの場に足を運ぶだけでも、立派な婚活の第一歩ですよ」(28歳/女性/サービス)

結婚のタイミングは人それぞれ。必ずしもみんなと同じ時期に結婚できるわけではないのは、みなさんも重々承知していると思います。

でも、運命の赤い糸があるとすれば、少なくとも自分から行動しなければ、その相手を見つけることはできないでしょう。

出会いの求め方は何でもいいんです。「街コンに行ってみようかな」「結婚相談所で、話しを聞いてもらおうかな」自分が思ったことは、何でも行動に移してみましょう。

婚活に疲れてしまったらちょっと一休みして。自分が結婚になにを求めているのか、探しながら出会いを求められると、少しずつ結婚の糸口が見えてくるはずです。

 

■相手を幸せにする気持ちがあるか

「“結婚=幸せ”ってイメージがあるけど、結婚ってそんな単純なものじゃないと思います。幸せってふたりで作っていくもので、お互いにその幸せをちゃんと作れるのかって、すごく大事なことだと思う」(28歳/女性/販売)

結婚を幸せなものにするためには、やはりいい相手を選ぶこと。そしてふたりで協力して、きちんと幸せを作れるかどうかです。

よく自分を幸せにできない人は、他人を幸せにできないといいます。相手を幸せにするということは、相手の気持ちと向き合い、相手を支え、愛を与えることです。

どんなに相手のことが好きでも、気持ちだけでは相手の力にはなれません。仕事をして生活の基盤を作り、プライベートを充実させて心を豊かにする。そうしたことを重ねるうちに、少しずつ異性の自分も磨かれていくのだと思います。

そうこうしているうちに、自分の魅力に合った素敵な出会いもきっと得られるはずです。

 

結婚したいと持っているのなら、ぜひこんなポイントで結婚できる女性を目指してみてはいかがでしょうか。

【画像】

※ IVASHstudio/shutterstock

【関連記事】

※ 本気の証!男性が「本命女子」にだけ見せる行動

※ 年々理想が高くなって…「結婚できない」アラサー女あるある

※ 結婚がドンドン遠のく!アラサー女がやりがちな間違った婚活

※ 嘆いていても始まらない!「結婚したい」なら捨てるべきモノ

※ 独身貴族へまっしぐら!「結婚できない女」の特徴

※ 待っているだけじゃダメ!「幸せな結婚」をつかみ取る女性の共通点