日本の勤め人の約7割は中小企業勤務です。そこでの典型的な課題は「業容の拡大につれて社長が現場から離れてしまう」ということ。しかし、急成長を遂げつつある中小企業「DDTプロレスリング」は違います。社長の高木三四郎氏は、47歳にして現在もリングに立つ現役レスラーです。経営者と文字通りの“プレイヤー”を兼任する理由について、高木氏は、「そのほうがマネジメントがうまくいくから」と言います。特別インタビュー前後編の後編です。前編(http://president.jp/articles/-/22122)とあわせてご覧ください。

異色の文化系プロレス団体「DDTプロレスリング」の高木三四郎社長は、47歳を迎えた現在でも、レスラーとしてリングに立っている。最近では、新日本プロレスのリングをメインに活動する鈴木みのる選手に、東京ドームでの「路上プロレス・シングルマッチ」を要求するなど、選手としての活動も活発だ。経営者として多忙な中で、リングに上がり続けるのはなぜなのか。そこには、中小企業の経営者に共通する理由があった。

■なぜ今もリングに立ち続けるのか?

――他団体の経営も手掛けるほど経営手腕が評価されている高木さんですが、今でも現役のレスラーを続けてらっしゃいますよね。

【高木】ええ。ただ、プロレスラーとして活躍したいとは、今は全然思っていないですね。むしろ自分がリングに立ち続けているのは、マネジメントのひとつでもあるんですよ。

――というと?

【高木】プロレスラーというのはなかなか難しい人種で、スタッフの言うことを素直に聞く人は少ないんです。「受け身も取れないヤツの言うことなんか聞いてられるか」って意識がある。そういう選手たちを束ねるためには、自分も体を張っていると示すことが一番手っ取り早い。だから僕は今でもリングに立っています。

――それはプロレス以外にも通じる考え方かもしれないですね。現場とマネジメント層の乖離というのは、経営における大きな課題のひとつです。

【高木】プレイヤーはプレイヤーの言うことしか聞かないですから。中小企業でよくありますよね。社長が一番の営業マンで、社員を引っ張っているみたいな話。トップが現場に立っているから、社員もついてくるんだろうと思います。

――つまり、高木さんが今でもリングに立っているのは、中小企業の社長さんが、毎朝会社の玄関を掃除しているみたいな感覚に近い?

【高木】そうです。あとはまあ、ストレスの発散です。

――そこはプロレス団体ならではですね(笑)。やっぱり経営者としてストレスはありますか。

【高木】そりゃあ、ありますよ。ほかの業種の経営者だったら、酒を飲むとか趣味に走るとかあるんでしょうけど、僕はリングでストレスをぶつけられるのが、この仕事のいいところです(笑)。

――しかし、リングに立ち続けるためにはトレーニングを欠かすわけにはいきません。前編でうかがった2団体の経営に関わる忙しい日々の中で、いつもどのように時間を確保されているんですか?

【高木】僕は朝、仕事前にトレーニングをする派です。家を出てジムに行って、1時間みっちりやります。早い時間にアポがあるときは、トレーニングをする時間も早めます。WRESTLE-1のCEOも兼任していた頃はさすがに忙しくて、週1回に減りましたが、最近はペースを取り戻して、週に3、4回は行くようにしています。

――どういった内容のトレーニングを?

【高木】100kgくらいの高重量のウェイトを挙げ、クリーンという全身を使ったエクササイズをします。忙しい日々でもトレーニングを続けるために大事なことは、時間を絞って集中することです。ダラダラやるのではなく、朝から本気でトレーニングする。軽くこなすのではなく、しっかり高重量を挙げる。

――夜ではなく朝やる理由は?

【高木】僕は朝のトレーニングのほうが続けられると思います。夜は会食も多くて、意外と時間がとれない。それだったら朝起きて、しっかりトレーニングすれば、仕事に向かうテンションも上がってきます。自分のコンディションチェックにもなりますしね。

やっぱり、調子が悪いときはスッとウェイトが挙がらないんですよ。そこで踏ん張ってギリギリの重量を挙げることができたら、「今日もうまくいきそうだ」というゲン担ぎにもなります。1日の始まりにトレーニングをするのは、僕はおすすめですね。

――現在、DDT内には7つのブランド(DDT本体とは別事業として運営される団体・興行)があり、3つの飲食店も経営されています。しかし朝はトレーニング、昼は会社の業務、夜は会食と、一体いつ企画を考えたり、世の中をリサーチしたりしているんですか?

【高木】企画は仕事をこなしている内に思いつくことが多いですね。あとは、いつも朝と夕方に必ずヤフーのトップページを開いて、「トピックス」をチェックするんですよ。そこで何が世の中で話題になっているか把握します。

――特別な情報収集術があるわけではない?

【高木】むしろ、普通のサラリーマンの方が触れているものに触れることが大事だと思っています。僕らは客商売なので、世の中の動きを先取りしすぎてもダメで、一歩先だと受け入れられない。半歩先くらいの先取り感がちょうどいいんです。

――もうひとつ、高木さんに聞いてみたいことがあったんです。DDTでは選手のSNSでの情報発信を推奨して、高木さんもそれらをチェックされたり、ご自身でも頻繁にツイートをしていますよね。ただ、選手全員が情報発信に長けているわけではないと思うんです。たとえば経営者から見て、あまり話題にならないようなつぶやきをしている選手がいたら、どのようにアドバイスしていますか?

【高木】僕はストレートに言いますね。「お前のつぶやき、しょっぱいな」って。

――それは直球ですね。

【高木】プロレスラーには天然な人が多いんですが、「一流のレスラーとは何か?」と考えると、それはお客さんが求めているものを知っていて、それに応えられる人だと思うんです。だから、一流のレスラーはツイートも一流なんです。

今は個人発信の時代ですから、選手のツイッターはとても重要なんです。でも選手の中には、大一番の試合の前にプライベートなツイートをしていたり、宣伝文句しかつぶやかなかったりする人もいる。それではお客さんに興味を持ってもらえない。だからはっきり、「お前に何が求められているか、わかっているのか? ちゃんとお客さんと向き合え」と伝えます。

――そう言われて、みなさん素直に耳を傾けるんですか?

【高木】ちゃんと聞いてくれますね。それは先ほどの話と関係していて、僕が選手でもあるから、レスラーも真剣に聞いてくれるんだと思います。

――まさに「プレイヤーはプレイヤーの言うことしか聞かない」ということですね。

【高木】基本は本人の自主性に任せているんですよ。でも、今はプロレス以外にもエンターテインメントがいっぱいあって、プロレスの中でもいろんな団体がある。「DDTの大会が何月何日にある」ってお客さんに知ってもらうだけでも、高い壁があります。

――だからこそ選手の情報発信がカギを握っていると。

【高木】集客するために一番簡単なのは、お金を使って話題性のあるゲストを呼ぶことですよ。でも、そうじゃない部分で興味をもってもらおうと考えたら、ツイートだって手を抜くわけにはいかない。「何月何日に試合があります」という宣伝ツイートが、実はもっともリツートされないんです。大切なことは、いかに宣伝に見えない宣伝をするか。そのためには、ちゃんとお客さんと向き合わないとダメだよ、ということなんです。

----------

高木三四郎(たかぎ・さんしろう)
1970年生まれ、大阪府出身。プロレス団体・DDTプロレスリング社長兼レスラーで、通称“大社長”。15年5月よりWRESTLE-1のCEO、17年3月より同相談役を務める。

DDTプロレスリング
97年旗揚げのプロレス団体。小規模会場のほかライブハウス、書店、路上、キャンプ場など、さまざまな場所でプロレスを行い、エンターテインメント性の強い「文化系プロレス」を名乗る。今年1月より自社で動画配信サービス「DDT UNIVERSE」<http://ddtuniverse.com/>を開始したほか、Amazonプライムにてオリジナル番組『ぶらり路上プロレス』を配信中(高木大社長も出演)。

----------

(高木 三四郎 構成=小山田裕哉 撮影=尾藤能暢)