引退のラーム、ファンに感謝「僕のキャリアはみんなのおかげ」

写真拡大 (全4枚)

▽今季限りで現役を引退するバイエルンの元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム(33)が、サポーターに感謝の意を示した。

▽ラームは20日、現役ラストマッチとなるブンデスリーガ最終節のフライブルク戦に先発。87分に交代するまでプレーし、4-1の勝利に貢献した。

▽試合後、市内で今季のリーグ優勝をファンと共に祝った際、スピーチをしたラームは以下のように話した。バイエルン公式サイトが伝えている。

Getty Images
「ここにいられることは、いつだって特別だった。誰もが、ここが僕のホームシティだということを知っている」

「みんなのおかげで、僕はこれまでのキャリアを築くことができたんだ。本当にありがとう。このクラブの全員が、僕にとっての大事なものだ」

Getty Images
▽バイエルン下部組織から2002年にトップチームデビューを果たしたラームは、シュツットガルトへのレンタル期間を経て、2005-06シーズンから主力に定着。公式戦517試合に出場し、8度のブンデスリーガ制覇と2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ優勝を経験した。また、ドイツ代表としても113試合に出場し、2014年には主将としてブラジル・ワールドカップを制覇した。

Getty Images