みなさんは、女の子の日に彼氏から誘われたらどうしますか? 一人暮らしの彼のおうちに遊びに行くと、必ずエッチなことになるという方も多いのではないでしょうか。
今回は、生理のときに彼から誘われたらどうすればいいのか、について一緒にみていきましょう!

1. デートの予定をずらそう



一般的には、生理の日とデートの日がかぶらないように予定を調整している女子が多いのではないかと思います。だいたい生理になりそうな日は把握していると思いますので、もしなりそうな日にデートに誘われたら、先約があるからと断るのがベター。会社の先輩と食事に行くとか家族でどこかに行くとか、彼氏が本当かどうか確かめられない相手との予定を伝えれば、彼も納得せざるを得ません。

この方法のコツは?
見え透いた嘘をついてしまうと、彼氏が悲しむ場合があります。「本当はおれとエッチしたくないってこと?」と勘違いしてしまう彼だっているでしょう。できるだけバレない嘘をつく。もしそれができないのなら、以下の方法を使うといいです。

2. 彼氏に正直に伝えよう


「今日は女の子の日だから、エッチは無理」と言える女子と言えない女子がいますよね? それ、ちゃんと言えるようになった方がいいです。
生理って、将来子どもを産むために必要な生理現象でしょ? なにもエッチなことでもなければ、女子の秘密でもないはずです。それを彼氏に言えないということは、彼とそこまでの信頼関係が築けていないということですよね? 「生理だから……」と口にするのが恥ずかしいという場合は、「女の子の日だから」とオブラートに包んで伝えればいいのです。

彼氏と信頼関係は築けている?


愛があればカップルが成立します。でもその愛をはぐくむのは、愛ではなく信頼なんです。人として相手のことを信頼できるかどうかというのが、カップルにおいてもっとも重要なことなのです。どうしても「今日は生理で……」というのが言えない人は、話が戻りますが彼氏にウソをついて、なにか他の予定が入ったことにしちゃえばいいのではないでしょうか。

3. それでも求められたら?


若い男子って、自分で自分の性欲をうまくコントロールできません。「今日は彼女が生理だって言うから、我慢しないといけない」と頭ではわかっていても、下半身はうずくのです。つまりなんの悪気もなく、彼氏はあなたに対して「出させて欲しい」と思っているということです。だから、あなたさえよければ、この彼の悩ましい思いを手やお口でどうにかしてあげてはいかがでしょうか?

あなたと彼氏の関係に任せます
「生理のときに手やお口で」と言うと、「女子は性欲処理係ではありません」と言う人が出てきます。確かにそのとおりです。そしてそれを言うなら、性欲の強い女子のエッチに、イヤイヤながら付き合っている男子は「おれは君の性欲処理係ではありません」と思っています。

あくまでも彼氏に対する愛があるなら、そういうことをやってあげるといいのではないでしょうか、ということです。彼氏の性欲もあなたの生理も同じ生理現象であって、理性でどうのこうのできるものではないということです。


生理に関して、女子が思っているより男子はなんとも思っていなかったりします。生理があって普通だ、ということしか、おそらく男子は考えていないのでは? あまり考えすぎず、正直に伝えるか、もし言えないなら嘘でごまかしましょう。
(ひとみしょう/studio woofoo)