画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●十分な稼働時間と吸引力

ダイソンは、コードレススティッククリーナー「V8シリーズ」の機構を引き継ぎ、静音性と使いやすさを兼ね備えたスタンダードモデルとして、ダイソンV7シリーズを5月25日より発売する。主にフローリングに適したソフトローラークリーナーヘッドを搭載した「V7 フラフィ」と、カーペットにこびりついた動物の毛などもしっかりかき出すダイレクトドライブクリーナーヘッドを搭載した「V7 アニマルプロ」の2種類で、ともに価格はオープン、推定市場価格(税別)は65,800円。

今回のダイソンV7シリーズでは、新設計のモーターを搭載。既存モデル「V6」のモーターをベースに改良したもので、最長で30分間(通常モード)の稼働時間を実現した。現在販売しているハイエンドモデルのV8は、同じく通常モードで40分稼働が可能だが、V6の20分間稼働よりは10分間伸びたことになる。

機構に関しては、V8とほぼ同じだが、V6と比べて約50%も静音化に成功し、V8よりも本体が軽くなった。V8のサイズは高さ224mm×奥行1244mm×幅250mmであったが、V7は高さ210mm×奥行1243×幅250mm。重さは2.61kgから2.40kgとなり、200gほど軽くなった。

また、V8シリーズと同様に、0.3ミクロンの微細な粒子を99.97%掃除機本体に捉え、きれいな空気を排出する機構やワンタッチでゴミを捨てるゴミ捨て機構を継承している。

V7の付属品はミニモーターヘッド、コンビネーションノズル、隙間ノズル、収納用ブラケットの4種類。V6シリーズはミニモーターヘッドを除いた3種類で、V8はアップトップアダプターを加えた5種類となっている。

つまり、ハイエンドのV8シリーズ、ミドルレンジのV7シリーズ、ローエンドのV6シリーズと選択肢が3種類に増え、予算とライフスタイルに合わせて選ぶことができるようになった。

○ハイエンドのV8シリーズよりは少し劣るが、十分な吸引性能

吸引力についてはV8シリーズが最高峰となるが、V7も強い吸引力を備えている。カーペットで「V7 アニマルプロ」を試してみたが、重曹がしっかりとれていた。

●ダイソンのコードレススティッククリーナーは販売数量も1位に

○ダイソンのコードレススティッククリーナーは販売数量も1位に

発表会では、グローバル カテゴリー ディレクター フロアーケアのジョン・チャーチル氏が登壇。「モーターはV7用に新たに開発しました。モーターの開発にあたって、20人のエンジニアが800台のプロトタイプをテストし、バッテリーを1,000回以上テストしています」と語った。

また、ダイソンの日本法人で代表取締役を務める浅野信弘氏は、「ダイソンが1998年に日本で販売を始めて来年(2018年)で20年になります。昨年(2016年)はついに掃除機のカテゴリーで、販売数量も1位になりました。日本で販売される掃除機マーケットの半分以上をダイソンが占めており、金額では60%を越えています。私たちがこの市場を作ったといっても過言ではありません。実際のところ、320万の世帯でダイソンのコードレススティッククリーナーが使われています。日本の世帯数(編注:約5,340万)を考えると、まだまだ伸ばしていく余地があると思っています」と語った。

「コードレス掃除機の比率は年々増えています。吸引力は問題ないですし、何よりコードがなく手軽に掃除できます。日本では、コードレス掃除機をメインの掃除機として使う方も増えてきました。2017年は、40%はコードレスタイプになるのではないでしょうか。

近い将来、7割から8割がコードレスになると思っています。日本の家庭ではコードレスでも十分なので、もっと伸びるかもしれません。ダイソンもシェアを伸ばし、すべての掃除機の中で数量のシェアを50%に引き上げたいと考えています」(浅野氏)

○ジョン・チャーチル氏に聞く

発表会のあと、ジョン・チャーチル氏に話を聞くことができた。氏が強調するのは、世界中で「コードレススティッククリーナーをメインの掃除機」として使うユーザーが増えていること。例えば米国では、ダイソンV8シリーズを使っているユーザーのうち、70%がメインの掃除機だという。

「コードレス掃除機」全般に対して、心理的に一つの壁となるのはバッテリーによる稼働時間だが、広い家が多い米国でも、大半の家庭がV8の最長40分稼働で十分というデータが出ている。また、コードレス掃除機とコード有り掃除機を比較すると、掃除機を準備する・掃除する・片付ける……という一連の動作にかかる手間は、コードレス掃除機のほうが約35%も少ないそうだ。

新モデルのV7シリーズは、稼働時間はV8より短い最長30分だが、動作音が小さくて本体が軽い。この最長30分という設計にもデータ上の根拠があり、多くの家庭でこと足りる稼働時間なのだ。自分の家を思い浮かべてみても、30分連続で掃除機をかける場面はほとんどないのではないだろうか。

一方で動作音に目を向けると、バッテリー稼働時間や吸引力を多少は妥協しても、静かさを望むユーザーはけっこういるそうだ。チャーチル氏は特に日本とは限定しなかったが、集合住宅、戸建て住宅が並ぶ地区など、実感できる人も多いだろう。また、女性にとって、掃除機が軽いほうがありがたいのはいうまでもない。

今回のV7をレーダーチャート的にながめると、凹凸が少ないバランスモデルだ。最上位のV8には稼働時間と吸引力で及ばないが、V7は静音性と軽さ、値段で勝る。エントリーモデルのV6と比べれば、稼働時間や静音性でV7のほうが優秀。V8、V7、V6というダイソンのコードレススティッククリーナーの中で、V7は選びやすいミドルレンジモデルといえそうだ。