「アメリカン・ゴッズ」キャスト&スタッフ
 - Michael Kovac / Getty Images for Starz

写真拡大

 人気小説を基にした2つの米テレビドラマ「アメリカン・ゴッズ」と「ザ・ハンドメイズ・テイル(原題) / The Handmaid’s Tale」が共に更新され、第2シーズンが決定したとDeadlineなどが報じた。

 ブライアン・フラーが手掛ける「アメリカン・ゴッズ」は、英作家ニール・ゲイマンの同名小説をテレビシリーズ化したもの。北欧やインド、アメリカンインディアンなど、世界中の神話に登場する古き神々と、金、テクノロジー、セレブ、薬物などを愛する現代文明から生まれた新しい神々の戦いを巡るストーリーとなっている。

 キャストはジリアン・アンダーソン、イアン・マクシェーン、リッキー・ウィトルなどで、放送後、見事な実写化だと批評家によって絶賛された作品となっている。第2シーズンの米放送は2018年中旬の予定。

 一方、カナダの女流作家マーガレット・アトウッド著の小説「侍女の物語」をドラマ化した「ザ・ハンドメイズ・テイル(原題)」は米Huluで配信されており、第1エピソードはHulu史上、最も視聴されたシリーズデビューだったと発表されている。「MAD MEN マッドメン」のエリザベス・モス主演の同ドラマの第2シーズンは2018年に配信される予定だ。(澤田理沙)