早口言葉に朗読まで!? 『ひなこのーと』OP主題歌『あ・え・い・う・え・お・あお!!』をフルで聴くべき理由

写真拡大

演劇に挑む女子高生たちの青春模様を描く『ひなこのーと』は、漫画雑誌『コミックキューン』で連載中の同名作をアニメ化した作品です。

【特集】あれから10年…!? 2007年のアニソンBest10/もってけ!セーラーふく、アンインストール、空色デイズなど

『コミックキューン』は、これまでにも『パンでPeace!』と『にゃんこデイズ』という2本のアニメを送り出していますが、30分枠放映されるアニメ作品は、この『ひなこのーと』が初となります。

まさに、満を持してのアニメ化ということで、様々な面で見どころを有した作品です。音楽面でも劇中音楽を人気作曲家の橋本由香利さんが担当するなど、アニソン、劇伴ファンにとっても要注目な春アニメとなっています。

その音楽の中でも飛び抜けたインパクトを誇っている曲が、オープニング主題歌の『あ・え・い・う・え・お・あお!!』です。聴いた瞬間から、この曲が脳裏から離れず、頭の中で延々リピートしている方も多いハズ! 今回は、この曲の魅力に迫ります。

発声練習に早口言葉……言葉を駆使した"仕掛け"だらけの歌詞に注目!

『ひなこのーと』の出演声優陣が歌う『あ・え・い・う・え・お・あお!!』は、2017年の春アニメの中でもずば抜けて個性的な楽曲です。

この曲では、声優さんが各々の演じるキャラクターの心情を歌う"キャラソン"という形式が取られているのですが、歌に加えて台詞パートの比率が非常に多い曲となっています。しかも、その台詞部分がとてもハイテンポで、破壊力も非常に高いのです。

バックトラックは、メロディよりもリズムを重視した作りとなっており、そこに早口言葉や台詞の掛け合いが乗る構成は、ちょっとラップを思わせます。

実に、"アニソン"らしいジャンルレスでボーダレスな曲であり、この曲を無理やり既存の音楽ジャンルに当てはめるとするならば、一番近いのは、もしかしたら「ヒップホップ」なのではないか……? そんなことを思ってしまう程、「言葉」の印象がリスナーの耳に残る曲なのです。

発声練習や早口言葉を盛り込んだ(しかも、早口言葉に至っては「歌詞を噛む」というポップミュージックとして絶対にありえない仕掛けが盛り込まれています)リリックも「オリジナリティー」という概念をアッサリと突き抜けて、そのまま天高くへと飛んでいく、まさに"超個性派"な出来栄えです。そして、それらのギミックは、この曲の存在感を唯一無二のものへと仕立て上げています。

自由奔放な構成は、絶対にフルサイズで聴くべきです!

90秒のテレビサイズでも、その衝撃はかなりのものですが、フルサイズで体感すると、更に、その衝撃度は増します。

歌と言葉は、曲の進行に伴って奔放さを増していき、突然、QUEENの名曲『Bohemian Rhapsody』の「 (Oh mamma mia, mamma mia) Mamma mia, let me go」というリリックがサンプリングされたかと思えば、次の瞬間には主人公のひなこによる朗読劇がスタート。

発声練習に早口言葉、台詞の掛け合い、有名ロックミュージックのパロディに朗読まで……どこまでもフリーキーに、そして、天真爛漫に曲のラストまで疾走していく展開は、「アヴァンギャルド」という言葉を形容詞として使用しても差し支えがない程、圧倒的な独自性を有しています。

しかしながら、この曲と『ひなこのーと』というアニメ作品の間には全く乖離がありません。寧ろ、この作品にはこの主題歌以外にありえない、そんなジャストフィットな安心感があるのです。

何故か? それは、この曲に込められた「言葉」を主軸とする仕掛けの数々が、全て「演劇」という作品のテーマから派生しているからだと思います。

作品のメインテーマを捉えているからこそ活きるフリーダムな音世界

曲のタイトルにもなっている発生練習のフレーズにしろ、曲中の早口言葉にしろ、そして、朗読にしろ、フリーダムに放たれる言葉の数々は、その実、メインテーマである「演劇」へと帰結します。唐突とも思えるQUEENのパロディにしても、これも恐らくは、同バンドがロックミュージックにオペラの歌唱法や曲調を取り入れていたことを意識しての引用なのでしょう。

『ひなこのーと』や演劇といった作品性、モチーフをシッカリとメインに据えているからこそ、この曲は歌劇的な要素を取り入れ、より一層の広がりを見せているのです。

こうしたとことんポップでハイテンションかつ超個性派なアニソンが使われている作品というと、芳文社刊の4コマ漫画雑誌掲載作を原作とした所謂「きらら系アニメ」が真っ先に思い浮かびますが、後続の『コミックキューン』発の作品から、こういったユニークな楽曲が誕生したというのは、如何にもおもしろく、決して見逃せないポイントです。

オープニングアニメーションを見てみれば、成る程、出演声優によるオリジナルユニットの結成、デフォルメを多用した演出、キャラクターによるダンスといった「きらら系アニメ」のツボをキッチリと抑えつつも、『あ・え・い・う・え・お・あお!!』という曲の独創性が『ひなこのーと』に、この作品ならではのポップなプラスアルファを与えています。

今後も続くであろう『コミックキューン』原作のアニメに対しても、その音楽面への期待を大いに膨らませてくれる『あ・え・い・う・え・お・あお!!』。是非とも、フルサイズで堪能していただければと思います!