朝鮮人参のマスクで保湿…人気モデルのスキンケア動画がイイ!

写真拡大

 人気モデルのイザベリ・フォンタナ(33)は、就寝前にダブル洗顔をするそうだ。1999年に16歳でモデル業界入りをしたイザベリは、メイクを取るために2度洗顔し、その後フェイスマスクをしてから寝ているという。

 Vogue.comに投稿された動画の中で、イザベリは自身のメイク落としの方法をシェアしており、「まずは、ミセラー・ウォーター・クレンザーでメイクを落とすの」「(それから)ミネラルウォーターをスプレーしてキレイにするの。気分がいいわよ。これを落として」「私はすべてが確実に落ちるようにダブルクレンジングをするのよ」とその様子を見せている。

 これまでヴェルサーチ、ヴァレンティノ、ドルチェ&ガッバーナなどのキャンペーンの顔を務め、2児の母でもあるイザベリは、特に目の下を中心にナリシングと保湿セラムをつけ、韓国で購入した朝鮮人参のマスクを10分するという。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BUNFDIvlexX/

 
「韓国でマスクを手に入れたの。ジンセン・ショット・マスクよ。だから、家で1人きりの時にやるようにしてね。彼氏を怖がらせることになっちゃうから」「10分くらい放置したところよ。家を歩き回ったり、できるだけ快適にしてね」「私は変な風に見える私が大好き」

 また、保湿効果が高いことからマスクの成分を首やデコルテ部分にもつけるという。「そして、体中にそれをつけて。本当に保湿効果があるんだもの。首は忘れないでね。首は本当に大事なの。首にはしわがないように」「マスクを取って。毎日はしないけど、週1回で完璧よ」

 さらに、鼻から口、目の下が乾燥していると感じているときには、加えてモイスチャライザーをつけてから寝るという徹底的なお手入れをしているそうだ。

「メイクつけて、落として、つけて、落としてっていうクレイジーなメイクでかなり乾燥しているなって感じるとき、いつも目が乾燥しているの」「(ほうれい線の部分と)目の下がいつも乾燥しているって感じるの」「これで寝る準備完璧」

 ダブル洗顔といっても、水道水で洗い流していないので不思議に思われる方もいるかもしれない。日本人にとってはあまり馴染みがないが、硬水の地域(国)では水道水で洗顔すると肌荒れを起こしやすいので、ミセラー・ウォーター・クレンザーによる洗顔が主流となっている。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>