豪華セレブが口パク対決!全米大人気番組「リップシンクバトル」とは?

写真拡大

2016年4月からアメリカのケーブルテレビで放送が始まった「リップシンクバトル」。この番組は毎回2組の大物セレブがアーティストになりきり口パクで歌を披露、その完成度をバトルするという斬新な内容になっている。魅力は何と言っても豪華なゲストたち。今回はネットを騒がせた豪華セレブによる珠玉の口パクをご紹介。

アン・ハサウェイのセクシーすぎる「レッキング・ボール」
女優のアン・ハサウェイは、あのセクシー歌手マイリー・サイラスによる「レッキング・ボール」を披露した。アンは、真っ白なタンクトップに下半身は白の下着姿で登場し、この曲のミュージックビデオを忠実に再現してみせた。マイリーのようにハンマーを舌でなめたり、上から吊るされたボールにまたがり指をたて感情をむき出しに。普段の実力派女優とはちがうチャーミングでセクシーな姿で観客を魅了した。

ドウェイン・ジョンソンがまさかのテイラー・スウィフト
『ワイルド・スピード ICE BREAK』(現在日本公開中)などに出演している超肉体派俳優ドウェイン・ジョンソンが披露したのは、まさかのテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」。肩を上下に揺らし、大きな体を愛らしく飛び跳ねさせていた。まさかの完璧な口パクパフォーマンスに、会場全体が歓喜に沸いた。

レベルが高すぎるダンスを披露トム・ホランドによる「アンブレラ」
新スパイダーマン、トム・ホランドもリップシングバトルに出演。トムはなんとリアーナの「アンブレラ」を披露。衣装もリアーナのミュージックビデオそのもの。トムの小さな体からは想像がつかない筋肉をあらわにしながら激しいダンスを披露。セクシーすぎるダンスに会場は大盛り上がり、最後には空中でバク転を披露し、マーベル俳優の身体能力の高さをアピールした。

チャニング・テイタムの生み出した伝説 アナ雪&ビヨンセ
肉体派イケメン俳優として現在人気急上昇中のチャニング・テイタムはこの番組に伝説を残している。初出場で披露したのは『アナと雪の女王』(13)で使用された劇中歌「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」の口パク。チャニングはエルサのコスプレに身を包み、アニメーションの世界観になりきり、氷の城をバックに美しい口パクを披露した。そして2回目の出演ではビヨンセになりきり、「ラン・ザ・ワールド (ガールス)」を熱唱。セクシーな衣装とダンスを披露し会場が熱気で包まれたその時、まさかのビヨンセ本人が登場するという。番組史上かつてない展開に会場は黄色い声援が飛び交った。この回はMTV映画テレビアワードでも話題賞を獲得している。

「リップシンクバトル」は現在オンライン動画配信サービス「Hulu」でシーズン2まで公開している。ぜひセレブ達の本気の口パクバトルを楽しんでほしい。