北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、同国が14日に弾道ミサイル「火星12」型を発射したことをめぐる日本政府の対応を非難する論評を配信した。

論評は、「日本財務相の麻生と米財務長官のムニューシンが会談を行って対朝鮮『経済制裁強化』を謀議し、麻生はその後の記者会見でわれわれに対して『常識もない国』などとけん伝した」と指摘した。

つづけて、「日本は、米国上司に追従して反共和国制裁策動に狂奔することによって、自らわれわれの打撃圏内により深く入る結果を招いた」と強調した。

また、「臆病な犬が騒々しく吠えるというが、われわれに対する制裁・圧力騒動で締め付けられる恐怖症を和らげようとする日本の行為は、政治小国の幼稚な思考だけを現すだけである」と述べた。

さらに、「実戦配備された核兵器を含むわれわれのすべての軍事的攻撃手段は、米本土と共に在日米帝侵略軍基地を精密照準し、せん滅的な発射の瞬間だけを待っている」と主張した。