南ア戦での先発が濃厚な岩崎。ドリブル突破を武器に、チームに勢いをもたらせるか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 南アフリカとのグループリーグ初戦で先発が濃厚な岩崎悠人(京都)は、アフリカ勢の特徴をしっかりとイメージしたうえで、こう意気込みを語った。

「サイドを抜けてドリブルで仕掛けてどのくらいやれるのかは楽しみ。どんどん仕掛けていきたい」

 岩崎の真骨頂は、スピードを生かし縦に突き抜けていくドリブルだ。敵陣を切り裂く突破力は迫力十分で、所属する京都ではそのストロングポイントを武器に多くのチャンスを創出。高卒ルーキーながらスタメンに定着している。

 南アフリカ戦でもその持ち味をフルに発揮できれば、自ずと日本にチャンスが訪れるはずだ。もちろん、フィジカルで勝る相手の守備網を突破するのは簡単ではないが、自らのプレーが味方への“サポート効果”を生む期待感も滲ませながら、攻略法を披露した。

「相手もスピードがあって、攻撃と守備で分業する形だと思うんですけど、前が攻め残る分、中盤にスペースが空いてくるので、僕が背後に走ったらもっと空くと思う。そこで(堂安)律だったり、三好(康児)君がチャンスメイクできればと思います」

 約1週間前に行なわれたホンジュラスとの親善試合では、こうしたプレーは残念ながら見られなかった。Jリーグで対峙するDFとはまたひと味違ったフィジカル、スピードを目の当たりにし、世界との差を肌で感じたのは言うまでもない。ただ、その感覚があるからこそ、今度は反省を生かせる場だと捉えられなくもない。

「(初戦なので)緊張するとは思うんですけど硬くならずに、とにかく走ることを意識してチームに勢いをもたらせたらいいなと思っています」

 昨年のアジア予選でチームトップタイの3得点を奪った岩崎は、自身初の世界大会でも強烈な爪痕を残せるか。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)