(c)『怪獣倶楽部』プロジェクト

写真拡大

 6月からMBS、TBSドラマイズム枠にて放送される本郷奏多主演ドラマ『怪獣倶楽部〜空想特撮青春記〜』の追加キャストが発表された。

参考:本郷奏多、“見下し系”男子役で人気急上昇! 2.5次元俳優として重宝される理由は?

 同ドラマは、空想特撮シリーズを愛し怪獣を様々な角度から研究し、怪獣の同人誌を発行するために編集会議を行っていた実際に存在した団体“怪獣倶楽部”に着想を得た物語を、ウルトラマンで知られる円谷プロ協力のもとドラマにした青春物語。1970年代半ばを舞台に、青春を“特撮番組に登場する怪獣の研究”に捧げた青年たちの姿を描く。

 このたび発表されたのは、既に発表されていた主人公・リョウタ役の本郷奏多に続く追加キャスト。怪獣倶楽部のメンバーの中で唯一の高校生メンバーで“怪獣エリート”のカツオ役に横浜流星、リョウタのライバル、シンゴ役に矢野聖人、怪獣のスケッチを担当するユウスケ役に加藤諒、怪獣倶楽部ナンバー1でまとめ役であるニシ役に山口翔悟、怪獣倶楽部のナンバー2で熱血のジョー役に柄本時生、怪獣倶楽部の編集長であり、最上級のオタクであるリーダーのキャップ役にドランクドラゴンの塚地武雅が名を連ねた。

 また、怪獣倶楽部の面々が編集会議を行う喫茶店のマスター役を小松利昌、ウエイトレス役をゆるめるモ!のあの、主人公・リョウタの弟サトル役を今川碧海、リョウタの彼女ユリコ役を馬場ふみかがそれぞれ演じる。

 本郷らキャストに加え、メトロン星人の姿も捉えられたポスタービジュアルも公開されている。(リアルサウンド編集部)