ニコラス・ケイジ、2本の新作アクション決定

写真拡大

ニコラス・ケイジが、「レッド・スクワッド」「ザンダー」という2本の新作アクション映画に出演するようだ。ニコラスは両作でハンニバル・クラシックス社とタッグを組むことになるという。

「レッド・スクワッド」では、ニコラス演じる仮釈放中のネイビー・シールズの隊員が、親友である麻薬取締局の捜査官とタッグを組み、家族を殺した麻薬組織に立ち向かう姿が描かれる。

一方の「ザンダー」では、危険な麻薬組織に家族経営のコーヒー農場が買収されることになり、それを拒否したことで拉致されてしまうプエルトリコに住むアメリカ人男性役を演じるという。

「パシフィック・ウォー」や公開予定の「ヴェンジェンス:ア・ラブ・ストーリー」でも、ニコラスとハンニバル・クラシックス社作品を手がけているリシャール・リオンダ・デル・カストロが、今回決定した2本でもプロデューサーを務める。

「レッド・スクワッド」はアレクサンダー・ウィットが監督に決定しており、ホルヘ・スアレス、キャム・キャノン、スコット・ウィンドハウザー、デヴィッド・サードが脚本を執筆している。

「ザンダー」の脚本もウィンドハウザーが仕上げているが、監督はまだ決定していない。