【詳細】他の写真はこちら

こういうバッテリー付きケース、待っていました。

iPhoneを充電できるバッテリー付きのケースは数多くありますが、そのほとんどは本体下部まですっぽり覆ってしまうデザイン。装着時するとサイズが結構な大きさになりますし、Lightningポートを塞いでしまいます。



でも、Ankerが販売を開始したバッテリー付きケース『PowerCore Case for iPhone 7』なら、ケース装着中であっても本体のLightningポートが使えるので、ケースを取り外すことなくさまざまな周辺機器が利用できるんです! iPhoneのバッテリーが減ってきたな、と思ったらケースから生えている短いLightningケーブルをサクッと挿せばOK。しかも、ケースを付けた状態でも上下のサイズにはほぼ変化がなく、本体厚も6mm程度しか増えないとあって、持ち運びに不便を感じることはなさそうです。



薄くてコンパクトなバッテリー付きケースとはいえ、内蔵バッテリー容量は必要十分。容量2200mAhのバッテリーを備えているので、インターネットの利用なら約11時間、動画再生なら約7時間、音楽再生なら約9時間も通常より長く楽しめます。



バッテリー付きのケースが欲しいけれど、本体サイズがデカくなりすぎるのはちょっと……そう思うあなたにぴったりな『PowerCore Case for iPhone 7』。Amazon.co.jpのAnker公式ストアにて、3999円で販売が開始されています。『iPhone 6』『iPhone 6s』でも利用可能で、もちろんアップルによる「MFi認証」を取得済みですよ。

文/塚本直樹

関連サイト



『PowerCore Case for iPhone 7』製品情報ページ

関連記事



ケーブルなしでApple Watchを充電できるモバイルバッテリー『BatteryPro』。同時にiPhoneもチャージ!

ご用心。Ankerの大容量モバイルバッテリーとLightningケーブルに偽物が出回る

USBもコンセントもシガーソケットも! 圧倒的大容量116000mAhのモバイルバッテリー『RIVER』