ソフトバンク・グループは5月20日、約930億ドル(約10兆4,000億円)の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の発足を発表しました。

Apple、Foxconn、Qualcommも参画

同ファンドへは、すでに発表されているソフトバンク、サウジアラビア王国のパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)に加え、アラブ首長国連邦アブダビ首長国のムバダラ開発公社、Apple、Foxconn、Qualcommおよびシャープが、出資者として参画していることがわかりました。
 
現時点での調達額は930億ドルですが、今後6ヵ月間で合計1,000億ドルの出資獲得を目指しています。ソフトバングは傘下のARMの株式を含む280億ドル(約3.1兆円)を出資します。

広範囲な産業分野を対象に投資

同ファンドは次世代のイノベーション実現を目指す企業や、基盤となるプラットフォーム事業が対象であり、大規模かつ投資的な投資を行なうとしています。
 
投資先は上場・非上場や保有株式割合を問わないとし、新興テクノロジー企業から成長のために大規模な資金を必要とする大企業まで、幅広く対象にしていくとのことです。
 
分野も現在挙げられているだけでも、IoT、人工知能、ロボティクス、モバイルアプリケーションおよびコンピューテ ィング、通信インフラならびに通信事業、計算生物学、その他データ活用ビジネス、トランス ポーテーションテクノロジー、クラウドテクノロジー、ソフトウエア、消費者向けのインター ネットビジネス、金融テクノロジー と多岐にわたり、医療や農業にも拡大する可能性があるとしています。
 
 
Source:ソフトバンク
(lunatic)