18日、海外網は、中国人にとって日本と米国のどちらが暮らしやすいかについて論じた記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年5月18日、海外網は、中国人にとって日本と米国のどちらが暮らしやすいかについて論じた記事を掲載した。

記事はまず、中国の質問掲示板サイト・知乎に「在日中国人の日本に対する評価は、在米中国人の米国に対する評価より高いか?」とするスレッドが立ち、多くのネットユーザーが「日本に対する評価のほうが高い」との認識を示したと紹介した。

ネットユーザーの意見は主に、「日本は経済的社会的なメリットあるのみならず、文化的なアイデンティティを抱きやすい」「中国人は米国よりも日本に対して認識していることの方が多く、現地の生活に溶け込みやすい」「日本の生活習慣のほうが中国人に合っている」といったポイントに集約されるようだ。

一方、別のサイトは「米国のほうが日本より適している」との見解を示しているという。その理由は「多様性と単一性」の差にあるようで、「移民大国で多様性を受け入れる土壌のある米国では、中国の文化や習慣のままで生活でき、多様なニーズとビジネスチャンスがあるのに対し、単一性や同質化が求められる日本では現地文化になじむことが求められるほか、物を売るにもニーズが少なく、買うにも選択肢に乏しい」と論じている。

記事は「地理的、文化的な角度から見れば、日本は米国にない優位性を持っている。しかし、個人としての性格を考えると、より多くの中国人は米国の環境のほうが適しているかもしれない」と結論付けた。(翻訳・編集/川尻)