ベッラヴィスタ・ラウンジ 「“ディズニー・イースター” ランチコース」|東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ

写真拡大

東京ディズニーシーの景観やハーバーショーが楽しめる、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのロビーラウンジ「ベッラヴィスタ・ラウンジ」。

【写真14枚】「ベッラヴィスタ・ラウンジ」2017 “ディズニー・イースター” ランチコース(後期)フォトギャラリー

2017年「ディズニー・イースター」限定メニューが、5月10日から刷新されています。

“ディズニー・イースター” ランチコースを紹介します。

時間帯によってハーバーショーが楽しめる

「ベッラヴィスタ・ラウンジ」は、プライオリティ・シーティング必須と言える、超人気レストランです。

※ライトミール提供の14 : 30〜17 : 00 / 22 : 00〜23 : 00はプライオリティ・シーティング対象外

人気の秘密は、東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバー正面に面した、大きな窓。

予約時間帯によっては、食事しながらハーバーショーを楽しめてしまいます。

開閉できない窓越しなので、聞こえてくる音楽やキャラのセリフは控えめですが、俯瞰視点でショーを見渡せます。

現在は、東京ディズニーシー「ディズニー・イースター」のハーバーショー「ファッショナブル・イースター」(2017年6月14日まで)と、夜のハーバーショー「ファンタズミック!」が鑑賞できます。

ランチとディナーの利用時間は120分。

東京ディズニーシーの公演スケジュールと睨めっこして、プライオリティ・シーティングを予約してみてください。

なお、2017年2月15日(水)の受付分より、前方席(窓側から1〜2列目)と後方席(窓側から3〜4列目)を、指定して予約できるようになりました(ブレックファストを除く)。

春の食材のハイクオリティ・ランチ

イタリア料理が楽しめる「ベッラヴィスタ・ラウンジ」の、“ディズニー・イースター” ランチコース。

全般に、春から初夏にかけての素材を活かした、ハイクオリティな一皿が並びます。

さっぱりとした味付けで、女性でも美味しく完食できるはず。

前菜は、鰹(かつお)と蛸(たこ)のマリネ。

みずみずしい野菜とあわせて、歯ごたえが心地よく、バジリコの風味がアクセントに。

イースターエッグをイメージした、黄色いうずらの卵も添えられています。

メインは、初夏が旬のスズキのグリル、または、マンガリッツァポークのアッロースト。

豚肉というと、少々クセがあり、脂も濃厚なイメージがありますが、マンガリッツァポークのアッローストは、とてもさっぱりしていて、お腹にもたれる感覚がほとんどないほど。

デザートに「チェリータルトとマチェドニア ヨーグルトアイス」。

甘いチェリータルトに、フレッシュなフルーツ、甘さ控えめで酸味が最高に心地よいヨーグルトアイス。

バランスが絶妙で、コース料理で満ち足りたお腹にも、するっと入ってしまうはず。

特にヨーグルトアイスは、唸らされる逸品でした。

■“ディズニー・イースター” ランチコース

¥4,940

【販売期間】2017年6月14日(水)まで

【提供時間】11 : 30〜14 : 30

<2017年5月10日(水)〜6月14日(水)のメニュー>

カツオと蛸のマリネ ニッザラーダスタイル バジリコの香り浅蜊と烏賊のフェデリーニ カラスミのアクセントスズキのグリル キュウリのピュレソース
大葉香る海草のインサラータと共に
別途¥850で「ミックスシーフード」を追加可
または
マンガリッツァポークのアッロースト
フレッシュトマトのサルサ
ジャガイモとキャベツのブラザードを添えてチェリータルトとマチェドニア ヨーグルトアイスコーヒー または 紅茶

©Disney

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります