20日、中国メディア・財経網によると、広東省潮州市で、狭い道で向かい合った自動車が互いに譲らず、怒った男性ドライバーが自分の車を相手の車に6回も衝突させる事件があった。資料写真。

写真拡大

2017年5月20日、中国メディア・財経網によると、広東省潮州市で、狭い道で向かい合った自動車が互いに譲らず、怒ったドライバーの男が自分の車を相手の車に6回も衝突させる事件があった。

記事によると5月17日午前、広東省潮州市で2台の車が狭い道で向かい合ってしまった。男は道を譲っらなかったばかりか、相手の女性の車にまず1回衝突。女性が下りてきて口論となったところで、男は再び衝突して無理やり押し出そうとした。

これに抗議した女性に対し、男は付近の肉売りの屋台から包丁を取って女性を威嚇。近くにいた通行人や市場の人たちが仲裁に入り、女性が車をバックさせ始めたものの、そこへ追い打ちをかけるようにさらに4回相手の車に衝突し、近くにいた人たちから非難を浴びたという。

この一部始終が女性の車のドライブレコーダーに録画されており、警察はすでにこの男を警察に呼び出し事情を聴いているという。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーから「こういう男は免許取り消しにして拘留すべき」、「これは殺人未遂が成立する」など厳しい処分を希望する意見が多く寄せられた。

しかし、「きっとこの男の親が危篤だったんだよ。だからあんなに急いでいるんだ」など、何か事情があったのではと推測する意見も少数ながらあった。(翻訳・編集/山中)