【詳細】他の写真はこちら

Mrs. GREEN APPLEが、セルフタイトルの2ndアルバム『Mrs. GREEN APPLE』のリリースツアー『MGA MEET YOU TOUR』のファイナル公演を、5月19日に東京・東京国際フォーラムホールAにて開催した。

自身最大規模となった今ツアーは、3月1日に神奈川・CLUB CITTA’公演から開幕。前半はライブハウスツアー、後半はホールツアーという構成で、全国19ヵ所20公演を敢行した。

ファイナル公演のチケットはソールドアウトし、当日は早い時間からファンが集結。グッズを買い求める人や、フォトブースで記念写真を撮ってもらう人たちで開場前からお祭りのようなにぎわいを見せた。

そして、ステージにはLEDビジョンとロゴマークのオブジェが鎮座し、客席内はLEDの電線とロゴマークのサーチライトで照らされるなど、さながらテーマパークのような世界が作られていた。

冒頭SEから「Just a Friend」でライブはスタート。続いて「HeLLo」、ライブで定番のインディーズ時代の楽曲「アンゼンパイ」と新旧織り交ぜた構成でステージは進行。2ndアルバムを象徴する楽曲「Lion」が披露されると、その後「おもちゃの兵隊」「ツキマシテハ」と攻撃的かつアグレッシブな曲が続き、さらに「絶世生物」「soFt-dRink」「Oz」「鯨の唄」と壮大な世界観で聴かせる楽曲パートが続いた。

11曲目には大森元貴(vo)と藤澤涼架(key)が、アコースティックで初期の代表曲「我逢人」を披露。「せっかくホールなのでメンバー全員でもう1曲アコースティックで演奏してもいいですか?」と、「Hug」をパフォーマンスした。

後半は「VIP」「うブ」のダンスチューンを皮切りに怒濤のアッパー曲群が続く。

新曲「WHOO WHOO WHOO」では、「みんな自由に思いのままに体を動かしてもいいんだよ!」と、ドラムスの山中綾華以外のメンバーが、それぞれステージを降りて会場内を動き回る。藤澤が2階席まで行ってダッシュするなど、この日のハイライトのひとつとなった。

アンコールでは、この日に24歳の誕生日を迎えた藤澤にサプライズでバースデイケーキがプレゼントされるなど、熱気に包まれるシーンや感動的なバラードシーンがありながら、会場は終始アットホームで和やかな雰囲気に包まれていた。

そして、大森が「マジでみんなのおかげで僕らがいます!」とファンへの感謝を伝え、「StaRt」をパフォーマンス。続けて最新シングル「どこかで日は昇る」を演奏した彼らは、「長かったし、いろんなことがあった。今日は感動しています。今日という日を迎えることができてよかったです。ありがとう」と、最後に「庶幾の唄」を届け、ツアーファイナルは大喝采のなか幕を閉じた。

PHOTO BY Hajime Kamiiisaka

『MGA MEET YOU TOUR』

2017年5月19日(金)東京・東京国際フォーラムホールA

<セットリスト>

01.Just a Friend

02.HeLLo

03.アンゼンパイ

04.Lion

05. おもちゃの兵隊

06.ツキマシテハ

07.絶世生物

08.soFt-dRink

09.Oz

10.鯨の唄

11.我逢人

12.Hug

13.VIP

14.うブ

15.WHOO WHOO WHOO ※未発表曲

16.スマイロブドリーマ

17. SwitCh

18.Speaking

19. サママ・フェスティバル!

20.In the Morning

21.JOURNEY

En1. StaRt

En2. どこかで日は昇る

En3. 庶幾の唄

リリース情報



2017.04.05 ON SALE

DVD&Blu-ray『In the Morning Tour -LIVE at TOKYO DOME CITY HALL 20161208』

2017.05.03 ON SALE

SINGLE「どこかで日は昇る」

ライブ情報



NAHAHA FESTIVAL!

07/01(土)沖縄・桜坂セントラル

ゼンジン未到とロワジール〜大阪編〜

07/08(土)大阪・大阪城野外音楽堂

ゼンジン未到とロワジール〜東京編〜

07/15(土)東京・日比谷野外大音楽堂

Mrs. GREEN APPLE OFFICIAL WEBSITE

https://mrsgreenapple.com/