【アロマ占星術】5月21日、太陽が双子座へ 浮つく気持ちをアロマでサポートしよう!

写真拡大

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地よいセルフケアをしてみませんか?

■太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 5月21日、牡牛座にいる太陽が「双子座」に移動します。その後、6月21日までは、双子座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマを紹介します。

■双子座太陽期の特徴

【今回の太陽の位置】双子座(風のエレメント)
【期間】5月21日〜6月21日
【ポジティブなメンタル症状】フットワークが軽くなる、知的能力が高まる
【ネガティブなメンタル症状】情報に流される、興味の対象が目移りしすぎて集中力がなくなる

 双子座は、情報やコミュニケーションを司る星座。守護星である水星の影響で、好奇心や向学心なども活性化されます。新たなことを学び出したり、新しい情報を得るには最適な時期なのですが、双子座エネルギーが悪く働くと、右から左へと不確かな情報を流すウワサ好きになってしまったり、好奇心のままに次から次へといろいろ始めてしまい、結果的にひとつも形にできない、などということが起こってきます。

 そうした落ち着きがなくなる状態にならず、双子座本来の知性とコミュニケーション能力を得やすくなるよう、アロマでサポートしていきましょう。

■牡羊座、獅子座、射手座(火のエレメント)……ローズウッド
 火のエレメントの人たちにとっては、双子座エネルギーの時期は軽やかに動けるとき。でも、火と風の組み合わせは、風にあおられて燃え上がる山火事のようになってしまう恐れもあります。そんな今期は、突発的な衝動を沈める「ローズウッド」を使ってみましょう。ローズウッドは射手座の守護星・木星のパワーを持つオイル。火の人たちの熱いパワーを安定したものにしてくれます。

■牡牛座、乙女座、山羊座(地のエレメント)……バジル
 慎重な地のエレメントの人たちにとって、双子座太陽期はちょっと苦手な時期。せっかくの軽やかなエネルギーも、あれこれ目移りする「いい加減さ」に感じてしまいます。そんな地の人たちは、もっと気軽に情報を楽しめるよう、双子座の象徴オイル「バジル」を使ってみましょう。バジルは呼吸器系に働き、風通しのいい心身を作ってくれます。風のエレメントが持つ軽やかな要素を取り入れやすくなるはずですよ。

■双子座、天秤座、水瓶座(風のエレメント)……ラベンダー
 この時期、もっとも双子座らしさが出やすくなる風のエレメントの人たち。本来の魅力や才能を発揮でき楽しい時期となりますが、それだけに慎重さも必要となります。双子座の守護星・水星のオイル「ラベンダー」を使ってみましょう。水星は双子座のみならず、慎重な乙女座の守護星でもあります。ラベンダーは活動的になりすぎるのをスローダウンさせ、地に足がついた状態をサポートしてくれます。

■蟹座、蠍座、魚座(水のエレメント)……スペアミント
 感受性が敏感な水のエレメントの人たちは、双子座太陽期の悪い影響を受けると、氾濫する情報によって身動きが取れなくなりがちです。この時期は、自分にとって大切な情報を取捨選択できることをサポートしてくれる「スペアミント」を使ってみましょう。スペアミントは頭脳を活性化する水星のオイル。少し甘めの爽やかな香りが迷いがちな感情をリフレッシュし、前向きな選択をサポートしてくれます。

 双子座太陽期は、学ぶことや移動することとの親和性が高く、新しい知識や交友関係を手に入れるには最適のときです。この影響は太陽が蟹座に移動する6月21日まで続きます。アロマのサポートを受けながら新しいことにチャレンジしていくと、きっと楽しい世界が開けていくはずですよ!
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock